2歳9ヶ月 この月齢は他の子と「言葉」の早い遅いを比べてしまう。

いま5歳になる息子は言葉が遅くてそれはもう心配しました。
その辺の日記はコチラ↓
・2歳 言葉が出ない(遅い)ことに気付く。
・2歳〜2歳半 言葉が出ない半年の苦悩。
・2歳半 「言葉の爆発」の詳細。

今となってはそんな心配してたのがウソみたいにペラペラとまぁよく喋りますけど、その当時はほんと療育行くかどうかまで悩んでたものでした。
1人目、しかも「男の子は遅いものよ」なんてよく言われたけど男の子だって早い子は早いですからね。
息子は2歳半で入園しましたが、その時点では「2語文?なにそれ」って状態で。
でも2歳半から3歳の誕生日までの半年でメキメキと言葉の爆発を迎え一気に同月齢のお友達に追い付いた感じでした。

そして2人目の娘、いま2歳9ヶ月。
言葉自体は息子より全然早く出始めました。
今どんな感じかというと、わりと長い文章的なことも話します。
助詞を使う、といえばいいのかな。

「ねーママーこれとってー」
「○○くん(息子)とママとよーちえんいくのー」
「エルサとー、△△ちゃん(娘)はほら!おなじドレスきてるよー!」
みたいな。

文字におこすと、まぁ月齢としては普通なのかなとも思うんですけども。
私の悩みは「言葉が出る/出ない」ではなくて、「発音の明瞭さ」なんですよね。
こうね、いまいちまだ発音がはっきりしないんです。
親の私は聞き取れるけど、たぶん家族以外は難しいだろうなと思います。

たとえば、
・エルサ→えるしゃ
・来たの→きしゃの
・幼稚園→おーちぃえん
・先生→しぇんしぇ
って感じ。

でね、同じクラスに娘と誕生日3日違いの男の子がいるんですが、まーびっくりするほどハッキリ喋るの!
そしてお母さんとの会話も完全に成立してて。
横で見てる私は毎回「うわ!すご!」と感心してしまいます。

1人目のときに「言葉の早い遅いは他の子と比べても仕方ない」と散々痛感したんですけどね、やはりすぐそばに理想形がいるとやはり羨望のまなざしで見てしまいます。
あと娘は2月末生まれなので、同じクラスのお友達たちはもう3歳をとうにこえてます。
それもあって、どうにも「同じクラス」のお友達との差が目に付いてしまうのです。

私自身も早生まれで、自分としては学校の成績や成長とかで不便を感じたことは一切なかったんですが、そこに至る前段階(物ごころつく前)で苦労してたのかなー。
娘当人はそんなこと全く意に介さず、まだまだ未完成な日本語ながらも全力で楽しそうにお友達とコミュニケーションとってるので私もそうだったのかもしれないけど(笑)

トイトレと言葉は本当に子供本人の「スイッチ」なんですよね。
後から振り返るとほんとにびっくりするくらい「ある日」を境にグングン目に見える変化を見せます。
だけどその「ある日」の前は大人が何とどう頑張ってもだめ、暖簾に腕押しってやつです。
娘の「ある日」はまだ先なんだろうなー。

この、「2歳半から3歳」ってほんとうに辛辣なほど個人差が大きいですよね。
ほんとに容赦ない個人差。
いま年中の息子のクラスではもう誰が「○○が早い/遅い」なんてわからないほど個人差は小さいですが、やはり年少さんの前半くらいまでは個人差が見られた記憶があります。

だからあと半年くらいは娘の「ある日」待ちなのかなとも思うんですが、やはりはがゆいものははがゆいんですよね。
トイトレも、1人目の経験上「言葉がある程度のラインを越えないと無理」というのがあるので今やっても厳しいなという感じです。
トイレに連れてったりはするし、娘も時々自分から「ちっちいくのー」と言って私をトイレに連れていくんですけどね。
家の中でトレーニングパンツ、とまではまだしてないのです。

3歳の誕生日には今とどれくらい変化してるかな?
期待半分、心配半分ってところです。