5歳&年中 小学校受験の決め手は「学童」があることでした。

うちの子たちが通う幼稚園はお受験幼稚園ではありません、よくある私立の幼稚園。
知り合いは誰も通ってなかったけど、「自宅と勤務先の中間地点」「制服が可愛い」というのがきっかけ。
よく調べたら「幼稚園型の認定こども園」だったので預かり保育とか夏休みとかも預かってくれて、仕事を持つ母には手厚いこともわかり決めました。

で、いざ入園したらわりと小学校受験が珍しくない環境だった。
お恥ずかしながら、わりと歴史ある幼稚園だったらしく「それなり」の奥様の多いこと多いこと。
そんなわけで私立へ行く子は毎年いると聞き、まーびっくりしたものです。

だけどその人たちが行くA小学校はあまりピンと来なかったんですよね。
わりと学校側が強気というか、面接や説明会でも「うちの方針(と学費)についてこれる?」的な態度とよく聞いてたので。
とはいえ、やはり選択肢の少ない地域なので「公立よりは」という理由で「お受験といえばA小学校」といった感じ。
なぜなら「近い」からね。

そう、我が家が志望するB小学校はこのA小学校より遠い。
たぶん志望校を言うと「え?そっちなの??遠くない?」って言われると思う(笑)
でも同じ市内から通ってる子いるし、もっと遠い所から通ってる子もいるので「通学圏外」ってほどではないんです。

しかもA小学校は受験する予定ないです。
滑り止めとしても考えてない。
B小学校がだめなら公立かな。

というのも、B小学校には学童があるから。
実際にはもっとシャレた名前ついてますけど、それ書くと学校バレちゃうから(笑)
そしてその学童の内容が充実していて、もし仕事がなくても通わせたいなと思うような感じ。

つまり、「仕事を持つお母さん」にすごく理解がある私立なんです。
おそらく、おセレブな専業主婦マダムたちはA小学校に多い気がする(笑)
一方、B小学校志望する人は「母親もそれなりに忙しいけど子供にはそれなりの環境と教育を与えたい」と言う人が多いような。

息子と同じクラスの女の子もB小学校志望ですが、やはりママさんがお仕事してます。
仕事を持つ身同士、その子のママさんと小学校受験の話をしていたら「お受験させたいけどA小学校はちょっとなぁ」と言うので私が「B小学校は学童あるんだよ、でね…」とあれこれ話したら「そうか!B小学校って手があったか!」と。
そう、遠いのはお互い考えたんですけど、私も彼女も経営者側の人間なので「忙しい」けど「時間に融通は効く」立場なのが功を奏したというか。

電車通学もできるし、駅では学校職員がフォローしてくれてますがたぶん低学年のうちは車送迎かなと覚悟してます。
私の実家も「B小学校は大賛成、是非受験させるべき」ですが「毎日の送迎で(私が)疲れないかだけ心配」と。
まぁでも今も仕事の関係で幼稚園もほぼ毎日送迎ですからね。
時間は伸びるけどルーチンと考えればまぁ許容範囲というか。

それくらい「働く母が求める理想の私立小学校」だったのです。

昔ながらの「お母様は育児に専念」を暗に求める学校だったら受けてなかった、というか諦めてた。
学校の求める家庭像と違う学校に無理して入れても、何からしら大変だと思うので。
でも働く母でも、子供に少しでも良い環境で少しでも良い教育をと思うのは同じなんですよね。

そんなわけで、私としては「学童」というのがお受験する最大の決め手になったのでした。
ちなみに私の母はだいぶ驚いてました、私立小学校に学童があるということに。
母が知ってるお受験(=従姉妹の通う私立)はいわゆる「お嬢様女子校」で今でも専業じゃないと厳しいと言われてるとこなので。

いやはやほんと、働く母には理解のある私立小が増えてきてありがたいことです!

スポンサーリンク
レクタングル大