年中&お受験 まだまだ「毎日決まった時間」に「最低この量」習慣には程遠い。

いま息子は年中児の秋、お受験界隈では「新年長」と呼ばれる学年です。

都会で難関校と呼ばれる激戦区ではもう「あと1年しかない!」という空気を醸し出してますね(主にお教室側が…)。
私は激戦区(東京神奈川)ではない関東某県なのでまだ周囲はそれほど「もう1年切ったから!」ムードは出てません。
もしかしたら国立組は違うのかもしれないけど、私の住む場所は国立受験不可(住所が×)なので周囲にいないんですよねぇ。
通ってるお教室もこの地域は複数の私立小受験コースがメインで「国立の合格実績もあるよ」といった感じ。
そんな地域的な空気と、まぁ難易度的にもね、都心の有名難関校に比べたらアレ(笑)なのでお教室側もそんな色々と急かして来ません。
という長い長い言い訳をしましたが!!!
うちはまだまだ「毎日必ず決まった時間」に「必ず最低この量」という学習習慣はまーーったく根付いておりません。
それでも「小学校受験コース」と名付いたお教室に通い始めたおかげで、なんとか家庭学習の土台を少しずつ築けるようにはなってきました。
家庭学習してるのは週平均で4〜5日くらいかな?
時間は「夕飯前」「夕飯後お風呂前」「お風呂後就寝前」とバラバラです。
学習量もバラバラ、バババーっと「今日はもっとやる!」と次から次へやるときもあれば、「今日はもうここまでにする」と軽めに終わることも。
私もあえて「絶対ここまでやらなきゃだめ!」と言わないので息子の集中が切れたらそこで「いいよ、また明日ね」と言って終了。
こんな体たらくっぷりですが、これでもお教室に通い始めたおかげでだいぶ変わりました。
教材が与えられてて、宿題を与えられるだけで「1週間」の配分を考えるようになったというか。
ただ、今はまだそこ止まりです。
この次のステップで、時間や量の習慣化をしないとなぁとは思ってますがそれはいつまでにすればいいのやら。
地方のお受験ではなんとなく、年長春までに毎日の習慣化してれば良さそうな気もするけどそれは甘すぎるのかな…。
せっかくこんな記事書いたので今日はこれからささっと今日のお勉強やっつけようと思います!
スポンサーリンク
レクタングル大