お受験「非激戦区」から見た激戦区の羨ましいところ。

すごいですよね、激戦区(東京・神奈川の一部)の小学校受験って。

いや、自分は経験してないのでネットで見たりお教室で聞いたりするレベルなんですけども。

私の従姉妹たちがいわゆる激戦区の有名女子校に小学校から通ってたので、その当時の苦労話を叔母や祖母からよく聞かされてたのと今もあまり変わらないんだなという印象。

まぁ、当時も今と変わらず「雲の上」の話でしたけど(笑)

いろんな方のお受験ブログもとてもとても参考になるのでありがたく読ませて頂いてます。

お母さん目線でのブログって本当にありがたいです。

そこで見てて思うのは、やはり当然ながら「東京・神奈川」の激戦区は大変そうだなと。

だけど逆に羨ましいのは選択肢が多いこと、これは本当に本当に羨ましい。

関東で、私立小学校が10校以上あるのは東京神奈川だけです。

つまり、他は一ケタ。

そこから「現実的に通学可能」なエリアを絞り込み、その中から「校風」で絞り込むともう選択肢が2~3あれば御の字って状況です。

「公立じゃなければ」という視点ならもっと増えるかもしれませんが、我が家はどちらかと言うと「私立小学校がいい!」というより「この小学校がいい!」という志望動機なので、単願一本勝負。

併願可能な私立(しかも志望校より近い)もあるんだけど、どうにも校風がうちとは違うかなという感じで…。

そんな環境の私からすると「東京 私立小学校一覧」とか「神奈川 私立小学校一覧」とかで検索するともう驚愕ですよ。

「いいなぁぁぁぁぁ」とため息です。

かといって、激戦区で生き残れるハイセンスさはこれっぽっちもないんだけども!!!(涙)

ちなみにうちの志望校は「ギリギリ」通学圏内です。

私が勤務時間に融通効くからなんとか対応可能な面もあります。

私の仕事が違ったら、もう少し離れた場所に住んでたらアウトでした。

激戦区で頑張ってるお受験ブログとか見ると、お教室の選択肢も山のようにあるし、志望校も当然のようにいくつもある。

お受験仲間のママさんも数多いので「お受験」という共通項を持ったお友達もたくさん。

非激戦区のお受験はちょっぴり孤独です。

情報収集するにも、激戦区の小学校のようにネットでたくさんの情報が集まりません。

お教室も「いくつか」はありますが「たくさん」はありません。

うちの幼稚園からお受験する子は「珍しくはなくなった」けど「毎年必ず」というほどではないです。

いま、私なりに手探りで教材揃えたりお教室に通わせたりしてますが、小学校受験が洗練された地域(激戦区)が時々羨ましくなるのです。

まさに、隣の芝はなんとか!

受験準備、絶賛手探り中の私なのでした。