5歳 年少の時はここまでと思わなかった「年少」と「年中」の差。

1人目だからというのもありますが、去年の今頃はこうも年少さんと年中さんが違うのかとは思いませんでした。

主に勉強の面にて強く感じます。
年少さんの時は何度教えても、教え方をあれこれ変えてみても、どーーーしても伝えられなかった勉強におけるあれこれがほんとびっくりするくらいスムーズに息子に伝わります。
正直、去年の今頃はドリルとかやりながら「どーしてまぁこれがわからないかなぁ」と頭を悩ませたことがしばしば。
鉛筆の正しい持ち方だったり、ひらがなの書き順だったり、字のバランスだったり、どうしても大人目線の私からすると「そんなこと」がうまく息子に伝わらずイライラしたり心配したりでした。
そしていま年中の秋、お受験コースにも通い始めたこともあり宿題もそれなりにあります。
お教室の宿題とは別にこぐま会もあるんですが、基本的には買って息子がやりたいかどうか」に委ねつつ、息子が遊びたそうな時はそっち優先な時もあります。
それでもなんだかんだ、平日はほぼほぼ毎日「今日は○○やろっかな」と宿題かこぐま会かを言ってくるので私が隣で見ながらやってるんです。
その時に感じるんです、「年少」と「年中」の差を。
1年前にまっっったく理解してもらえなかった指示がすらすら通る。
数字やパズル的な問題のアプローチも、去年だったら間違いなく理解不能だった問題に私が教えることなくスラスラ考えて解いていく。
いや、親バカしてるんじゃないんです。
うちの子すごいっしょ?ってのを書きたいんじゃないんです。
いま年少さんのお子さんをお持ちの方で、どーにもこーにもお子さんの成長や理解が心配だったりする方に「年少から年中でびっくりするほど化ける」と伝えたいんです。
「この子ちょっと鈍いのかな…」と夫は常々心配してました。
年少の頃は絵もイマイチよくわからない絵だったし、クラスの展示物を見てもうちの子だけなんとなく幼く感じたり。
それも年中になったらグググっと成長、特に絵。
絵の上達はある日突然びっくりするほど上達しました。
絵を描きながらお話を作り、そのお話の絵本を作成するようにすらすら描いていく。
去年の息子は未就園児の描く絵みたいで、それも心配のタネでした。
年少さんの頃は「もう赤ちゃんの成長とは違うし…」と、このまま小学校入学までのんびりペースで行ってしまうのかとだいぶ心配しました。
確かに体の成長は赤ちゃんの頃に比べるともうだいぶゆっくりです。
だけどこの時期は頭の成長がすごいんですね!
1人目だと「このあとどうなるのか」がわからないので、時間が経過して初めて経験することばかり。
年少さんと年中さんでこんなに変わるとは思いませんでした。
ひらがなも数字も絵も、去年からは想像できないほど上達しました。
勉強する際の私の指示も半分話しかけただけで理解するようになりました。
去年はほんとにほんとに理解が遅かった子なんです。
書き順を教えても何故か繰り返し同じ間違いするような子だったんです。
算数的な問題でつまずくと、教えるのがほんとに大変な子だったんです。
そんな息子も今ではお受験コースの先生にあれこれ褒められるレベルまできました。
私の指導はたぶん何も役立ってない(笑)から、幼稚園での集団生活と本人の成長なんだなぁと思います。
いま年少さんで、お勉強的な面で心配が絶えないお母さんがいたら教えたいです。
年少さんは「思ったより」キャパが小さいです。
年中さんは「思ったより」キャパが大きいです。
子供の成長を見てると、自分の気の短さやキャパの小ささ、せっかちさを反省させられますね…。