2歳7ヶ月 「椅子に座って1人でドリル」ができると楽。

1人目のときより数段めんどくさい!と白旗あげまくってた私ですが、徐々にそれも峠を越えたのかな?と感じる日が出てきました。

いや、まぁまだめんどくさいことには変わりないんですが「少しずつ」成長がみられるというか。
今日はですね、私が夕飯作ってる間にリビングのテーブルに1人で椅子に座り、塗り絵ドリルをそれはまぁ楽しそうにやってました。
まだまだ2歳半ですのでね、すごく簡単なやつです。
「はじめてのぬりえ」とか「はじめてのクレヨン」とかのやつ。
だけど、「いちごー!」とか「ばなな!」とか言いつつ、それなりに正しい色を自分で選んで塗ってました。
ここのところ、夕方の娘の荒れ模様にはだいぶ手を焼いていたのでね…。
「だっこー!」とか言いながら甘えて泣いたり、お兄ちゃんの遊びに割り込んでって喧嘩になって大騒ぎしたり、まぁとにかく私の家事が進まないのなんのって。
それが、今日は「1人で」遊べたというだけで成長を感じてしまう…。
あとですね、「1人でドリル」というのも私としては成長ポイント。
娘はまだ1人でドリルできたことなかったんですよ。
私がそばでつきっきりでぬりえドリル、がせいぜいなので毎回「ママきてー!」と呼ばれてたので。
それでも息子の自宅学習(こぐま会)を娘の邪魔なしに進めるには、娘にも何かやらせて集中させないといけないわけで。
なので、同じテーブルの片側に私と娘、対面に息子、という座り方でそれぞれのドリルをやってきてました。
それがなんとなく普通になってきたのか、ようやす娘も「1人ドリル」ができるように。
いやー、助かるー、これすごい助かるー。
家事も進むし、息子のドリルもはかどるし、何より娘のドリルもぐんぐん進むよー!
いまはぬりえがブームみたいです(笑)
色んな色を選んでる時が1番楽しそう。
「これはー?」と色を聞いてきたり、「これがいいー!」とやりたいページを指定してきたり、だいぶ赤ちゃんから「幼児」に近づいてきたな、と。
やはり2歳前半と2歳後半は違いが出ますね。
こ、この調子でもう少し聞き分けが良くなってくれると助かるんだけど、アレはたぶん性格だろうなぁ…(絶望)