5歳 幼稚園児に「あったかいお弁当たべたい…」と泣かれて困惑。

仕事のある身として、子供の夏休みというのはなかなかハードルの高いシーズンです。

我が家も例に漏れず、お盆と私の休み(平日)以外は幼稚園の預かり保育に毎日お世話になっております。
うちの幼稚園の預かり保育は1号認定だと通常の保育料とは別に時間ごとの追加料金が発生するのよね…。
これ地味に毎年痛い出費っす。
そして今年はついに娘も入園したので、夏休みの預かり保育でも午後まで見てもらってます。
過去2年はお昼までで仕事あがってたので預かり保育もお昼までだったんです。
それが午後までになったことで発生したのが「お弁当」というミッション。
私、これまでの38年間で「自分以外にお弁当を作る」ということから全力で逃げ切ってきたんですがついに今回は逃げ切れず…。
給食の日もあるんですけどね、人数の関係か給食とお弁当の日が半々くらいあるのです。
そんな慣れないお弁当生活。
そのために朝もいつもより1時間早く起きるわけです、超絶朝弱いのにー!
そう、慣れてない上に手際が悪いので余裕もって起きないといけない悪循環(涙)
どーにかこーにか、お弁当(らしきもの)を作って冷ますわけですよ。
この時期ですからね、もうご飯もおかずもしっかり覚まさないとね!
そしたら今日、息子に言われたんです。
「おかーさーん、今日はお弁当冷まさないでー?」
と。
「暑い日はちゃんと冷まさないとお腹いたくなっちゃうんだよー」
と教えると、
「やだー、ご飯はあったかい方がおいしいー!あったかいお弁当がたべたいのー!」
と涙目、なぜ泣く…。
まぁねー、いつもは毎日給食ですからね。
もしくは家でのご飯。
私も初めてのお弁当ミッションですが、息子に取っても初めてのお弁当生活だったわけで。
そんな息子からしたら「あったかくないご飯」も初めてってことなんですよねぇ。
まぁたしかに、あったかい方がおいしいのは間違いないけどさー。
そこはなんとか慣れておくれよー…。
とどうにか説得し、しぶしぶ冷めたお弁当を持っての登園となったのでした。
ヒヤヒヤさせられましたが、帰宅してお弁当箱見たらすっからかん!完食!
ちなみに息子は今の所1度もお弁当残すことなく食べてくれててありがたいのなんの…。
今日でその記録も途絶えちゃうかなー?と心配しましたが、空腹には変えられなかったみたいですね(笑)
あーよかったー!
子供は素直ですねぇほんと。
「あったかいお弁当」かー。
いやむりだけどね!
ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加