4歳&2歳 兄「耳が痛い!眠れない!」妹担任「お熱が…お迎えを…」

2人同時って久しぶり、インフルエンザ騒動以来でしょうか。
この時期にまさか、というか油断してた、完全に油断してました。
昨日の息子は元気いっぱいだけど、鼻水だけ気になってたんです。
それが夕方には鼻づまりになっていて、
「あーこれ夜なかなか寝れないかなー」
とは思ったものの寝かしつけ自体はあっさり完了してスヤスヤ。
だがしかし、家族全員が寝静まった深夜2時に息子がいきなりモゾモゾしだすのです。
右へゴロゴロ、左へゴロゴロ、フンフンとイラついてる様子。
そしてついに「耳が痛いー!眠いのに寝れないー!」と泣き出した。
耳が痛い、子供にそう言われたら間違いなく中耳炎を疑いますよね。
ちなみに息子はこれまで中耳炎の診断をされたことはないです、耳が痛いと訴えたのもこれが初めて。
だけど、鼻水ダラダラとか鼻づまりとか中耳炎になりかけの症状どんぴしゃからの「耳が痛い」だったので、初めてながらも「中耳炎だろうなぁ」と。
で、色々調べました。
すると横に寝かすのではなく起こした方がいいとか、耳を冷やすといいとか、少し外の風に当たるといいとか。
そして「痛みの緩和にはカロナールがいい」と発見。
ある!あるよ!カロナール!!!
ついでに起こしたり冷やしたりしつつ、カロナール投与。
それまでずっと痛い痛いと泣いてたのに、薬が効き始めた頃であろう時間帯で寝てくれました。
助かったー。
ちなみに朝にはケロッと完全回復。
熱もないし耳も痛くないというので、とりあえず幼稚園へは行かせ帰ってから病院へ行くことにしました。
が!
お昼過ぎに電話がなり画面を見ると「幼稚園」の文字。
「あら、熱出ちゃったかなー」と思ったら娘の方の担任の先生で、
「お給食の進みがいつもより遅くて念のためのお熱を測ったら37.8でして…」とまさかの娘発熱。
要はお迎えきてね、ってことなので行きましたよ…。
息子だけ連れてくはずが結局2人とも受診。
娘は病院着いたら38.3℃になってまして、こちらは咳コンコン。
息子は相変わらず元気なんだけど、念のため耳を診てもらいに。
結果。
息子:風邪からくる軽い中耳炎
娘:お兄ちゃんの風邪をもらった
との診断でした。
ありがたいことに2人とも食欲はあるので回復は早いかなと期待…。
それにしても「耳が痛い!」と夜中に泣かれると焦りますね。
大事に至らなくて良かった、というかネットってありがたいなぁとつくづく感じました。

スポンサーリンク
レクタングル大