2歳2ヶ月 なんでもかんでも「自分でやる!」病が超絶めんどくさい(2年ぶり2度目)

やってきましたね、この月齢が…。
靴を履くのも、靴を脱ぐのも、服を着るのも、服を脱ぐのも、おやつのとりわけも、ジュースのストロー刺しも、幼稚園カバンに一式しまうのも、お気に入りのぬいぐるみに布団をかけるのも、えーとえーと、あと…
もーとにかくなんでもかんでも、
「私がやるの!!!できるの!!!手を出さないでよ!!!」(意訳)
という状態です。
イヤイヤ期的な要素も相まってるんでしょうね、とてもヒステリックに怒ります。
といっても、私が手を出すのをやめて娘にやらせればすぐご機嫌になるので静観してればいいっちゃいいんですが。
でも!
忙しい朝は!
出先は!
そうはいってられないのー!!
です。
っていう愚痴をね、夫に話したんです。
「まったくさー、時間ないときに限って譲らないんだよねー、まったくさー」
そしたら夫が、
「2年前に全く同じこと聞いたわ(笑)」
ですって。
私に自覚なかったけど、息子も全く同じことがあって、これまた私も全く同じ愚痴を言ってたそうです。
あら…まぁまぁ…そうだったかしら?(すっとぼけ)
ってことは、この月齢あるあるなんですね…。
成長の証ってことかしら。
よ、喜ばしいことなのね、きっと(言い聞かせ)
今日も朝から靴を全力で左右逆に履こうとしてて、私が治そうとするのを全力で拒絶され、でも出発時間が迫ってて、私も娘もイライラしながら強制的に靴を履かせて怒る娘を抱きかかえて家を出てきたのでした。
その姿、まるで誘拐犯…。
娘、がんばれ、もう少しでママとの会話も成立するようになる(と思う)からね…