2歳2ヵ月 トイトレに前向きすぎる娘に振り回される母。

息子の時もそうだったけど、トイトレに関しては本当に幼稚園の威力を思い知らされます。
「先生」はもとより「お友達」のパワーも大きいですよね。
「みんなやってるから」という刷り込みは家ではできないシロモノ。

そんなわけで、娘も幼稚園生活(正確にはこども園)が早くも1か月経過しようとしております。
言葉もメキメキ増え、自分で靴を脱いだり履いたり、一人でできることがだいぶ増えてきました。
その中でもやはり1番影響を感じるのがトイトレですね。

数日前に起きた事件がコチラ「2歳1ヶ月 「ママ、ちっちしたー」とう○ちオムツを脱ぐ。」でした…。
焦った、あの時はほんと焦ったよ!

その後も相変わらず「おしっこしたらオムツを脱ぐ」を地道に遂行しております…。
良いことなんだけど、良いことななのはわかっているんだけど、め、め、め、めんどくさい!!!
母失格なこと言ってますな、はい。

だってー、夕方の家事が立て込む忙しい時間帯に「振り向いたら下半身すっぽんぽん」なことが毎日毎日なんですもの…。
「おしっこしたけど脱ぐの忘れて遊びに没頭」と「おしっこしたから脱いで遊び継続」と「おしっこしたから脱いだ!トイレ行こうよ!」の3パターンが繰り返し行われております。
最後のは「ママ!ちっちしたー!ちっちー、いこー」と口でも伝えてくるようになりました。
これはこれでまた言葉の進化を遂げているようで、幼稚園すごい…。

そして悲劇は再び起こったのです(涙)

数日前の深夜、家族4人全員もうグッスリ夢の中な時間のこと。
なんだか娘が私の上を乗り越えて右に左に行ってるなーとは寝ぼけながらも感じてました。
だって重いんだもの…。

そしてまた眠りについて、ふと寝返った先が湿ってることに気が付いた!
濡れてる!なにこれ!濡れてるよ!とさすがに目が覚めるレベル。
で、その濡れてる方向と反対側に振り返ったら娘のお尻が!
パジャマのお尻部分じゃなくて、生まれたままのツルンツルンなスベスベのお尻が目の前に!

は?!ですよもう。
さすがにここで完全に目が覚めた私、ようやく事態を察するわけです。

1.寝ていておしっこをした娘、寝ぼけながらもそのことに気付いて「おしっこしたらオムツを脱ぐ」を忠実に実践。
2.そのままお尻丸出しで寝るもおしっこしてしまい布団が濡れて不快
3.「そうだママの向こう側に行こうっと(ゴロンゴロン)」、またもスヤスヤ。
4.私「なんじゃこりゃー!」

っていうね…。
夜中に一仕事ですよ。
もちろん私以外は爆睡ですからね、当の娘すら爆睡。

翌日は布団一式を洗濯、敷布団も干していつもより洗濯回数も倍、干す場所に苦労しながらの洗濯となりました。

振り返ってみると、息子はここまで感化されなかったんだけどなぁって気が付いた。
息子も私がトイトレ着手する前に幼稚園で始めてくれてたので、「トイレでおしっこする」ことへの興味やトライはあったものの、「自分でオムツを脱ぐ」まではなかったんですよね。

今年の2歳児クラスはやる気に溢れたお子さんがたくさんいるんだろうか(笑)
うちの娘は「下の子ならでは」というか、人のマネっこ(特にお兄ちゃん)が大好きなのでお友達の影響が大きいんだろうなーと感じてます。

子供によって、その学年によって、いろいろ成長の仕方があるんだなぁとしみじみ。
でも夜中に勝手にオムツ脱ぐのはなんとか阻止したい…、けど方法が思いつきません(涙)
ここで娘のやる気をそぐわけにもいかないし、「トイトレは今年の夏(2歳半)にやろう!」と思ってたけどゴールデンウィーク明けあたりから家でも本格化しようかな…と(かなり消極的に)検討しております。

やる気に満ち溢れたママさんからちょっとだけやる気をわけて欲しい…。

スポンサーリンク
レクタングル大