【初めての子連れキャンプ】初心者らしく買い出しにウキウキする【プレミアムアウトレット・クーラーボックス編】

前回の【初めての子連れキャンプ】初心者らしく買い出しにウキウキする【昭島モリパークアウトドアヴィレッジ・ランタン編】
に続く買い出し編です。
実はアウトドアヴィレッジに行ったのは先週末のことでして。
今週末は某プレミアムアウトレットへ行ってまいりました。

そう、目的はコールマンのアウトレット!!
アウトドアヴィレッジにもコールマンあったじゃない、ってご指摘が聞こえてきそうですが今回の目当てはクーラーボックスなのです。

初めての子連れキャンプ、ということで最初に買おうと決心したのがクーラーボックスでした。
いやーだって、クーラーボックスって出番多いこと間違いないと思って!!
キャンプはもちろん、ちょっとしたバーベキューに、海水浴に、遠出した時に要冷蔵なものを買いたいときに、と我が家には活躍の場がたくさんあることが見込めたので購入することにしたのです。

だから調べたよー、超調べたよー。
初心者だから机上の空論だけど!!!(涙)

で、いろいろ調べて「うんうんなるほど」と思ったのが以下の項目。
・4人家族で1~2泊くらいなら45リットル以上推奨
・ハードクーラーとソフトクーラーを両方用意するとスペースの削減になる
・保冷力は本当に大事、あまりケチりすぎると食材をダメにして本末転倒

「ハードクーラーとソフトクーラーの使い分け」は目からウロコでしたねぇ。
お恥ずかしながらそのくらい初心者なのです…。
そこでハードクーラーとソフトクーラーのメリット/デメリットを私なりに調べてみました。

【ハードクーラー】
メリット:なんといっても保冷力は断トツ
デメリット:大きい、かさばる、重い
【ソフトクーラー】
メリット:軽い、使わないときはコンパクトに畳めるので省スペース
デメリット:保冷力がハードクーラーとは比べものにならない

おおざっぱに言うとこんな感じでしょうか?
なので家族で必要な容量をハードクーラー&ソフトクーラーで合わせ技で用意すると省スペースになってオススメって店員さんも言ってました。
出発時に家から持参するもの(移動時間が長くしっかり保冷してほしいもの)や飲み物はハードクーラー。
キャンプ場に向かう途中で仕入れた肉や魚介や野菜などはソフトクーラー。
とかね。

↑なことをネットで見ていたので、我が家も「ハードクーラー&ソフトクーラー両使い作戦」でいこうと決めました。
世の中にはいろんなキャンプ情報を教えてくださるブロガーさんがたくさんいて本当に助かります…。

だけど!
保冷力の高いクーラーボックスは安くないのです!!
だけどそれなりに機能性が高いものが欲しいのです!!

そこはやはり、コールマンのクーラーボックスは評判いいんですよねぇ。
キャンプでのクーラーボックスとしてはコスパ最強って感じ、特に機能。
そのコールマンの中でも「ポリライト」「エクストリーム」「アルティメイトエクストリーム」とあって保冷力でいうと、
「ポリライト」>>>「エクストリーム」>>「アルティメイトエクストリーム」
って感じみたいです。
「最低でもエクストリーム以上」って見かける記事もチラホラ。

だけどお値段も保冷力に比例しますからね!(切実)
そこで目を付けたのがアウトレットです。
ようは、型落ち品ですね。
型落ちといっても機能が劣るというよりデザインが新しくなっただけとかも多数あるのでコールマンのアウトレットはほんと魅力的。
通常のアウトドア用品店で見るより3割以上は軽く安く、クーラーボックスもほんとに安い。

で、ハードクーラーはこれにした!
image

エクストリーム マリーンホイール クーラー/50QT
ってやつの型落ち品で¥9,800(税込)でした。
ちなみにオンラインショップで最新版は¥17,280(税込)です。
やっす!!
ちなみにこれの横に全く同じ形、同じ容量の「エクストリーム ホイールクーラー/50QT(アイスブルー)」って商品の型落ち品が同じ¥9,800(税込)で売られてましたが、
「マリーンの方が抗菌仕様なので機能性は高いです、元の値段もマリーンの方が高いので同じ値段ならお買い得っすね(ニッコリ」
という店員さんの一言でマリーンに決定。
白いから汚れがアレかな、とも思うけど見た目より機能ってことで。

キャリー機能(コロコロ)は最後まで「便利なの?邪魔なの?」と悩んだのですが、このマリーンのお買い得感で「キャリーあってもいいか!」となりました。
キャリー目当てで買ったんではなく、お買い得商品がキャリー付きだったっていう。

そしてソフトクーラーはこれ!
image
エクストリームアイスクーラー/30L
これも型落ち品で¥2,480(税込)でした。
ちなみに最新版だと25Lで¥4,190(税込)、35Lで¥4,838(税込)となってます。
そう、最新のだと30Lが存在しないのです!
これは2013?2014?あたりのモデルだと思うんですが、この30Lだけ「縦に長い」んですよね。
だから車に積んだ時に接地面積が小さいのであまりかさばらないっていうメリットが。
何より「25Lで足りる?でも35Lだと大きすぎるし…」と悩んでた私にはピッタリのサイズ。
これでも2Lのペットボトルが8本入るそうで、十分十分。

そしてやはり収納時のコンパクト性も決め手でした。
これよりさらに保冷性の高い「アルティメイトアイスクーラー」というのもあるんですが、所詮ソフトクーラーの域を出ないという意見をチラホラ見かけたので、ハードクーラーを購入した我が家的にはこれで十分かなと。
なによりアルティメイトの方は畳んだ時のサイズがエクストリームよりかさばるんですよねぇ。

そんなわけで、ついに、ついにクーラーボックスを手に入れたぞー!!!
クーラーボックスを自前で用意するとちょっと夢が膨らみますね(笑)
ふふふふふ。

そしてテンション高いまま勢いでこれも購入。
image
起毛レジャーシートってやつ。
使用目的はディズニーでのパレート待ち(笑)で、ピクニックは想定してません。
だからディズニーでも気軽に持ち運べるコンパクトサイズ、ただただ大人二人とことも二人が座れればいいやってことで、140㎝×90㎝のものを。
これは「パッケージにダメージあり」ってことで本体は何も問題なしのアウトレット商品。
アウトレット価格は¥1,700(税込)でした。
ちなみに正規品だと¥2,138(税込)です。

コールマンのアウトレットはすごいですね。
最新の商品にこだわりのある方はダメでしょうけど、「型落ちでもいい」「パッケージが破れてても商品が無事ならいい」って人にはぜひぜひおすすめ。
型落ちって言っても、「デザインが変わっただけで機能(保冷力とか)は変わってない」っていうのも多々あるようなので、初心者が「とりあえず道具をそろえたい」っていうのにはもってこいだなと思いました。

さて、いよいよ準備も佳境を迎えてまいりました。
あとは火おこし関係と直前の食材だー!!

キャンプ本やキャンプ情報のサイトを夜な夜な読み漁ってる私なのでした…。

スポンサーリンク
レクタングル大