2歳 不器用な母には荷が重い、制服の「まつり縫い」

この春から入園ということで着々と準備が進み、そう、残すところはあと「制服のお直し」だけになってしまいました。
息子の時はお直しする必要がないレベルでの「ちょっと大きめ」だったので、購入した状態そのままで入園に挑んだのですが娘はそうはいかなかった…。

ちなみに息子は2歳6か月での入園でMサイズがお直し不要。
そして娘は2歳1か月での入園でSサイズがお直し必要。

月齢の上ではたった5か月の違いですが、サイズが違う上にお直しも必要になりました。
娘もこの月齢にしてはビッグサイズな方なんですけど、息子はさらに大きかったというか、男女の差もあるのかなぁ?
全部にお直しが必要ってわけではないんですが、ブレザーとスカートに手を入れる必要がありまして。
スカートはボタン位置を変えるだけなので、さすがの私でもチョチョイっと作業完了。

問題はブレザー。
袖丈つめです。

他の女児ママさんに聞いたら、
「袖?まつり縫いしちゃえばいいのよー」
と軽くサラリと回答をいただきましてね。
「あ、そっか、そうだよねー!」
と笑顔で返答しておきましたが、もうね、ぶきっちょクイーンの私としては「まつり縫い」ってだけで戦々恐々です。

まつり縫い?!
できるのか?この私が?!
しかもブレザーだぞ?!

と震えに震えました…。
一瞬、お直し業者さんにお願いしようかと検索しましたが、きっとすぐに成長してまたお直しする必要が出てくるだろうなぁと気が付きまして。
ということは、私がまつり縫いしておいた方が臨機応変に娘の成長に合わせてお直しできるよなぁと。

つまり、「私がやるしかない…」という悲しい結論に至ったのでした(涙)

でもあれね、世の中便利なもので、youtubeで「制服のまつり縫い」「制服の袖つめ」みたいな親切な動画をあげてくれてる方がたくさんいらっしゃいまして。
ありがたやありがたや…。
感謝の印をもってお礼のご挨拶に伺いたいくらい、役に立ちました。

縫い方って図で示されるより動画が一番わかりやすいですね。
針仕事が苦手この上ない私でも動画のおかげでさくっと縫うことができました!!
やったー!!!

ちなみに長袖ブラウスも若干長いかな?って気もしてますが、ブラウスはしばらく袖まくりでいいかなと思ってます。
ブレザーほど持て余してないし、園についたら遊び着を上から着てしまうし、袖まくりで十分かな?と。
(何よりめんどくさい…)

そんなわけで、なんとかこのぶきっちょな私にも制服ブレザーのまつり縫いをすることができました!!
だけどあれね、縫い目の大きさとかはよく見ると残念な感じ(笑)
これはもう次回また腕を磨くということで娘には許していただこう…、そもそも表からは見えないし…(言い訳)

親になると、自分がどんなに苦手なことでも逃げ切ることができない場面が増えますね(涙)
この先が思いやられます…。