4歳 父子で映画デビューするも惜しくも途中で退場の巻。

インフルエンザになる前のお話しですけども。
夫がいきなり「息子と一緒に映画行ってきたいんだけど」と言い出しましてね。
ドラえもん?いやまだ公開前だったような?と思ってたら、これを見に行きたいといいまして。

映画 けん太くんとてつどう博士の「Go!Go!100のでんしゃ」

おお、なにこれ超面白そう!
そして息子が超食いつきそう!
いいじゃん、行っておいでよ!
ということになりました。

映画の内容はもう文句なしなんですが、心配するとしたら最近また私にベッタリ病なので夫との二人でのお出かけに難色を示さないかどうかという点で。
だけど映画の話をしたらやはりすごい食いつき。
二人で行くことになりました。

行ったのは日曜日、私が仕事を終えてからの出発です。
そして当日、私が14時過ぎに帰宅するともう出かける準備万端の夫と息子。
「さぁ行っておいで!」となるも玄関で靴を履くところになって、
「おかあさんも一緒がよかったなぁ…(ボソボソ」
と独り言をぶつぶつ。

私はまだ映画館は難しい娘と家でお留守番、ということで息子もそれを納得しての計画だったので夫が「お母さんはいけないから、じゃぁ行くのやめる?」と話すと「行く!」と。
そんなこんなで雲行き怪しいながらも父子で出発していったのでした。

その後はもう二人で楽しくご飯食べたり、特設コーナー?のプラレールショップを見てまったり、楽しく時間をつぶしてからいざ映画館。
映画自体も楽しんでたそうですが、映画も終盤になりいざ!メインの新幹線コーナー!というところでまさかの、
「こわい…もうかえりたい…」
が発動したそうです(笑)

やはり暗いところに長時間いるのはまだちょっと難しかったのかなー?
でも映画の大部分は見れたそうなのでまぁよく頑張ったよ!とは夫談。

帰ってからは映画の話を楽しそうに話してくれたので、映画自体は楽しかったんでしょうね!
よかったよかった。

次は春休みのドラえもんでリベンジかな?
ドラえもんは私と息子で行ってみようかな!