4歳&1歳 おやつに「ラピュタパン」を焼いてみた。

ラピュタパン、それは私たち世代が一度は憧れる食べ物ではないでしょうか…。
いや、うちの夫みたくジブリに興味ゼロな人もいますけどもね。
最近、子供達のおやつに頭を悩ませてましてねー。
息子はもう色々分かる年齢だし、少しずつでも「手作りおやつ」の回数を増やしていけたらいいなぁと思いまして。
思ってるだけですよ(笑)
まだまだ、「今日は作るぞっ!」と前々から決意してる時じゃないとなかなか…。
ホットケーキ焼いたり、パン焼いたり、ってレベルですけどね。
なぜなら私自身のお菓子作りスキルがだいぶ鈍ってるので、こちらも手探りなのです。
娘が豪快に楽しんでしまうので、まだ計量とか大変なんですよね。
だから「○○ミックス」的なものを利用して、ケーキやクッキーやパンなんかを子供達と作りながらおやつのレパートリーを増やしたいなと思うのです。
息子は料理大好きだし、食べ物ができる過程とか材料とか、実体験で経験したものって大事だなぁと。
さて、話は真面目なこと書いてますが今日は「ラピュタパン」作ってみました。
ジャンク、超ジャンク(笑)
食育とか無縁なおやつ!
だけど作ってみたかったんです!
実際にパズーやシータが食べてるラピュタパンじゃなくて、ネットで「ラピュタパン作ってみた」とかで見る方のラピュタパン。
マヨネーズで土手を作ってトースターで焼くやつ!
これが、
image
こうなる!
image
できたときの感動といったらもうね!
でも…。
結論:目玉焼き乗せた方が美味しい。
トースターで焼かれた卵、表面が硬いんです…。
これでもまだ中身はトロットロの半熟なんですけど、表面だけは焼きすぎ?みたく硬い。
でもそれ以外は不味くなる要素のない材料ですのでね、味自体はおいしかったです!
ただし、フォークとナイフ必須。
熱々のマヨネーズと戦いつつ、とろける黄身が流れて大変なことになります。
子供達と3人でハフハフしながら食べたのは楽しかった!
次はもっとおやつらしいおやつにしよう!(笑)