4歳&1歳 「こういう育児をしたいな」の2割くらいしか実現できてない現実。

夜に子供たちを寝かしつけてる時ってシーンと暗い寝室でじーっとしてるわけなので、わりとその日のことを思い返すことが多いです。
朝から夜までの子供たちの様子、それに対して私が言ったことやったこと、やってあげたかったのにできなかったこと、もっとこうしてあげればよかったなと思うこと。

それはそれはもう、走馬灯のようにその日あったことがリプレイされます。

すると最後の最後に私がいつも思うのは、
「あぁ今日も○○できなかったな…」
「あのときは△△してあげればよかったな…」
といったことばかり。

「◇◇できてよかったな」
と思い返すのはだいたい2割くらいという感覚です。

なので、私が子供たちに「これをしてあげたい!」「こういう風に接したい」「こう教えたい!」という「理想の育児」に対して2割くらいしか達成できてないってことですね。
残り8割は「できなかった」ということです。
しかもそれをほぼ毎日感じてしまう。

そんなに理想が高いわけじゃないんですよ…。
ごくごく普通の、当たり障りのないレベルの理想です。

だけど「ついつい先延ばしにしてしまった」とか「イライラして強く叱ってしまった」とかそういう感じで理想から1歩また1歩離れて行く感じ。
「もっと時間を有効に使えたはずなのになー」と夜に思い返す時は思えるんですけどね、日中その瞬間はついついソファーで一息休憩してしまったり。
「もっと余裕をもって優しく対応してあればよかった」と思っても、その時は急いでだり次にやることがたくさんあったりしてついつい話を聞く余裕もなく叱ってしまったり。

「もっとこうしてあげればよかったのになー」が次から次へと頭に思い浮かんできます。
まぁだからといって病んでしまうほど思いつめてるわけではないんですけどね…。
なんかこう、「毎日毎日あっという間に過ぎ去る割に進歩できてないなぁ」という残念な感じです。
私の母スキルが低迷してますね(汗)

そんな私ですが、寝る前に「大好き!」と子供たちに言うのだけは毎日欠かしてないので反省をこめつつ、「大好き!」と全力で抱きしめることにしております。
母としての余裕ってどうやったら増やせるんでしょうねぇ…。

コメント

  1. canon より:

    同じように感じてるのが私だけではないんだ・・・・
    と救われました。
    ありがとうございます。

  2. サニー より:

    canonさん
    コメントありがとうございます!
    2割という数字すら怪しいのが真の現実です…
    どうして日中は何もかもなあなあに過ごしてしまうんだろう?と思いつつ、でもこれが私なりの精一杯なんだからそれを受け入れて無理しないのも大切かな?と思ったり…(;_;)
    お互い肩の力抜いていきましょうねー!(๑′ᴗ‵๑)