1歳10ヶ月 お人形遊びしたことない母とお人形遊びに夢中の娘。

クリスマスプレゼントにあげた、こちらのねねちゃん(メルちゃんの妹)。
image

まーすごいドはまりして遊んでくれてます。
そもそもこれをあげようと思ったのが、1歳の誕生日に私の母が娘にあげたお人形でして。
一生懸命その赤ちゃん人形を抱っこしたりベビーカーに乗せたりかいがいしくお世話してたのです。
そのほかにも、娘はぬいぐるみも好きなようで、たまたま家にあったプーさんをそれはそれはかわいがってました。
その後娘に買い足したぬいぐるみもすべて、抱っこしたり引き連れて遊んでて「この子は人形遊びが好きなんだなぁ」としみじみ感じたのです。

でもほんと不思議。
何せ私は「お人形遊び」というものに無縁だったんですよねぇ。
母に聞いても「あなたはお人形で遊んでた記憶ないわぁ」ですって。
私もないからたぶん間違いないでしょう(笑)

嫌いとか苦手ってわけじゃなくて、お人形遊びという選択肢が私の中になかったというか。
だから遊び方がよくわからない…。
なので自分の娘がそれはそれは楽しそうにお人形とキャッキャウフフしていると、「おーすごい!女の子だ!!」とちょっとうれしくなったりします。
ほら、私にそういう女子力が乏しかったから(笑)

ネネちゃんにミルクあげたり、髪をとかしてあげたり、ベッドに寝かせてあげたり。
お出かけするときにネネちゃんを連れて行こうとしたり。
なんかもうほんと娘の大事なお友達って感じ。
でもってそんな娘を見ているのがとても新鮮!

そんなわけで、私この歳にして「お人形遊び」というものにはまりそうです(笑)
正確に言うと「娘がお人形遊びしている姿がもっと見たい!」って感じでしょうか。
メルちゃんグッズは他にもたくさんあって、お洋服とかアイテムとかお店とか、あーもうものすごく集めたい…。
2歳の誕生日に買ってあげたいものが頭の中に次々湧いて危険です。

世の女の子たちはこうやって女子力を高めていくんですねぇ。
しみじみ…(もう遅い)

スポンサーリンク
レクタングル大