4歳 どんな練習より「お箸しかない」環境が1番だった。

夏休みに、
「二学期になったらお箸の練習がはじまります!(๑′ᴗ‵๑)」
と担任の先生に言われて戦々恐々だった私ですが、息子はそんな心配をよそに淡々とお箸をマスターしてしまいました。
心配していたのはエジソン箸による影響で、補助なしのお箸が全く使えなかったから。
ほんと、普通のお箸を渡してもキョトンとしていて全然動かせませんでした。
エジソン箸の補助は、全く何の役にも立ってなかったです…。
今年の夏にそこに気づいて、1度お箸をやめたんです。
スプーンとフォークに戻してリセットというか。
その後、家でも新しく普通のお箸を買ってスプーンフォークと並行しながら使わせてみたものの全然うまくいかず…。
すると当然ご飯も食べられないので、息子本人もストレスになってるのが伝わりスプーンでとりあえず食べる、みたいな感じでした。
そんな状態で二学期を迎えてしまい、
「あーどうしよ、お箸使えそうにない…」
とわりと絶望してたんですよね。
それが、9月中旬に参観日的な行事があって息子のクラスで一緒にお給食食べたんですがそのときに、なんと!
お箸でパクパク食べてるじゃんー!!!
なんだよ!
できるんじゃん!
どーいうことよ!
と、嬉しいような「今までの苦労と心配はなんだったんだ?」的な肩すかし感というか複雑な気持ちに(笑)
よく見ると、周りのお友達もお箸使えてるんですよね。
もちろん、まだまだ使い始めたばかりなので「お豆をつまむ」レベルの上手さではないですが、「ご飯やおかずをお箸で口に運ぶ」は十分できてました。
で、その晩早速お箸で食べさせたら当然パクパク食べるわけで。
やはり家で私が教えるのと幼稚園で先生が教えるのではこんなに違うんだなぁと。
幼稚園だとね、お友達もみんなしてお箸で食べるわけだからそれが何よりの刺激になるんだろうなー!!!
というわけで、あんなに絶望視してた「お箸」ですが幼稚園で始めてわずか2週間でアッサリ形になっておりました。
だけど、なぜかご飯はお茶碗に口をつけながら「かきこむ」ことが多々あります。
おかずは上手に掴むんだけどなー、惜しい!
そんなわけで今はご飯を「かきこまないで食べる」練習を家でしています。
まぁ、かきこみながらでもお箸で食べてくれるだけで十分進歩したのでこれはあまり焦らずゆっくりでいいかな?と思ってはいるのですが。
とにもかくにも、幼稚園に感謝感謝です。