4歳 毎晩欠かさないお気に入りの謎解き絵本「チャレンジミッケ!」。

うちの息子は絵本自体は嫌いじゃないんですが、分野によって興味が薄いものとビックリするくらい食いついてくるものがあります。

・興味が薄い:ものがたり系
・食いつき:図鑑、参加系
って感じでしょうか。

ものがたり系も「嫌い」ではないんですよね、私が読んであげれば「うんうん、次は?」と楽しみにしてくれてます。
だけど「絵本好きなの持っておいでー」と声かけした時に持ってくるのは「図鑑」や「参加型絵本」といった分野のものばかり。
ちなみに娘は逆に「ものがたり」系の絵本をテクテク持ってきて読ませようとすることがありますね。

そんな息子、ここ1ヶ月くらい大のお気に入りの絵本がコレ。
image
「チャレンジミッケ!」という謎解き絵本。
この1冊でハマって、ひたすらやろうとするので「ミッケ!はねんねの前に1ページだけよ」とルールを作ったくらい大好き。
すると毎晩毎晩寝る前になると自分から「もうネンネのお部屋行こう?(=ミッケ!やりたい)」と自ら寝室に行こうとするので助かってます(笑)

そして運動会でとても頑張っていたのでその御褒美にもう1冊追加!
image

ちなみに「チャレンジミッケ!」と「ミッケ!」の違いは「チャレンジミッケ!」の方が若干難しいらしいです。
私が本屋さんで見比べた時はそこまで差は感じなかったけど…。
そして「チャレンジミッケ?なにそれ?」って方には1ページだけ中身を。
image
各ページ、大きな写真と左右どちらかに文章があります。
文章に書かれたものを写真の中から探す、といったスタイル。
この写真がまた綺麗というかアートというか、親も子供も見ていて引き込まれちゃうんですよね。
その中から「ぞうが10頭もいるよ」とか「古いミシンがあるね」とか問いかける文章を読みながら探すので、子どもたちののめりこみっぷりがすごい。
何より大人も真剣に探さないと子どもに負けます(笑)

文章に出てくる物を探すことに慣れてしまったら、独自に探すものを親が考えて即席ミッケ!を作れば無限に遊べますし無限に遊べますね。
逆に文章に出てくる物を探すのが難しいなーと感じたら、もっと見つけやすそうなものを即席で指示してあげれば低年齢でも十分楽しめます。

我が家は寝室で、横になって私と息子でミッケ!をやっていると娘も一緒に覗き込んできて「あ!」だの「だ!」だだの言いながら色々指差してくるので「それは椅子ねー」「それは飛行機ねー」と教えてあげてます。
なので4歳児と1歳児が両方違う遊び方で楽しんでる感じ。

いろんな物の名前を覚えられるし、探すという行為も息子なりに悩んで苦労して楽しんでるし、何よりものすごく集中して、見つけた時はとっても楽しそう。
なので息子も娘も両方興味を失うまではちょいちょい買い足していきたいなぁと思います。

いやぁほんと、息子がいないときに私1人でまじまじと読んで苦戦することもあるけど、楽しいですコレ(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大