1歳7ヶ月 「女の子は育てやすい」なんて都市伝説だと思い知る。

2人目の妊娠中、性別が女の子とわかるとよく言われたものでした。
「女の子は育てやすいよー」
と。
1人目が男の子だと知ってる人ほどよく言われた気がします。

いま、娘1歳7ヶ月。
超ーーーー大変なんですけどおおおお?!(涙目)

確かに産まれてから1歳になるころまでは、
「あーたしかに息子の時より楽かもしれないかなぁ」
なんて思ったりもしました。
だけど今思えばそれは「女の子だから」じゃなくて、ただ単に「2人目だから」新生児~乳児期の不条理さや煩雑さに慣れているからだったんですよねぇ。

そして1歳を超えたころから、少しずつ「息子との性格の違い」を感じるようになってきました。
「あれ…なんだか手がかかる…ような?」
「あれ…息子の方が楽だった…ような?」

娘はですね、良くも悪くも息子の数倍「活発」なのです。
物怖じすることなく何にでもチャレンジする「積極性」は息子より長けているのですごいなぁと感心してます。
だけど、だけどー!!!
暴れる、騒ぐ、怒る、に関しても息子より長けて?いるのでもう大変です…。
自己主張が強いというかなんというか。

怒って騒いだ時の奇声はほんとにもーうるさいのなんの。
気に入らないことから逃げ出して私に捕まったときの暴れっぷりといったらもう。
ご飯の食べ方も息子の時からは想像もできないほど汚してくれたりします。

我が家の場合だけかもしれないけど、息子の方がよっぽど女子力が高い(笑)
おとなしくご飯食べるし、汚さず食べるし、怒っても奇声ほどの声をあげないし、ジタバタしても暴れることはないし。
確かに反抗期が来て「育児辛いなぁ」と思ったこともあるけど、今の娘を見ているとそれでも息子は「育てやすい」部類だったんだなぁとしみじみ。

いや、娘が可愛くないとかそういう話じゃないですよ。
喜怒哀楽が(息子より)激しいなーと思うと同時に、踊ったり歌ったり笑ったり、遊び方も大胆に絵を描いたり、何かを「表現する」ことは息子より数段長けているなーと感心するのです。
そこは逆に息子はおとなしいというか、引っ込み思案というかね。

だから同じ親から生まれた息子と娘だけど、こんな小さいうちから性格の違いがくっきり出るもんだなぁと驚いてます。
それと同時に、
「女の子が育てやすいなんて嘘だ!」
と声を大にして言いたい(笑)

見ていて愉快だけど、手がかかりますよ、うちの娘は!!
でも面白いねー。
女子力高い息子と豪快な娘。
どんどん賑やかになっていきそうです…。

スポンサーリンク
レクタングル大




コメント

  1. Marie より:

    そ~です!都市伝説です!!!
    という私は上が女の子。。。
    そして下が男の子なんですが………。
    ひとり目の女の子がもぉ~ホント何から何まで大変で、しかもすっごい暴れ者。
    男の子を育てているお友達にも同情されてたくらいです(笑)。
    なので今、下の男の子のあばれっぷりを見ても「またか」って感じで「男の子大変ね」なんて声を掛けられても「いえ、全然?」って感じです。。。
    男女関係なく、本当にその子の性質ですよね。

  2. サニー より:

    marieさん
    ほんとですよねー!
    女の子なのに、とか考えてしまうと逆にしんどくなるので「性格の違いでしかない」と割り切ってます!
    おてんば女児持ち同士、これからもよろしくお願いいたします(笑)