4歳 断乳後に「新生児期並みの寝不足」は堪えます…。

娘の発熱が収束したと思ったらめでたく息子に感染。
「息子にうつらないといいなぁ」と書いたのが9/26の土曜日。
翌9/27日曜日、朝起きたら息子の体がアッツアツで測ってみたら38.1°C。
「そうか、やはりきたか…」
と脱力する私。
でもその日私は仕事なので、休みの夫に病み上がりの娘と病み始めの息子を託して14時までお仕事。
余談ですが、こういうとき夫の凄さを実感します。
「いやいや、病気の子どもなんてみれないよ」
って言われてしまえばそれまでですからね。
仕事中も何度か夫に子どもたちの様子を聞くと、娘は「熱はないけどグズグズ」息子は「熱も落ち着いて元気」とのことで一安心。
そして帰宅するとそのままの2人にお出迎えしてもらいました。
でもねー。
子どもの宿命というか、夕方からメキメキ息子の熱が急上昇。
夕飯済ませたことにはグッタリして39°C超え。
熱冷まし飲ませたけど朝まで39°Cを下回ることなく高熱を維持しました。
そしてこの晩、息子はとても辛そうで。
呼吸も早いし、心拍も早いし、眠りも浅い。
そんなわけで、なんだかんだ1〜2時間おきに起きてました。
その都度、水分取らせたりトイレ行ったりアイスノン交換したりと私もバタバタ。
こんなにこまめに起きたの、出産直後の申請時期以来だよ!ってくらい細切れ睡眠でした。
やっと迎えた今朝、なんとか38°C前半まで解熱し、昼には37°C台まで解熱。
昼までは少しグッタリ気味だったのも夕方にはだいぶいつも通りの元気に。
ですが、私がね。
もう眠くて眠くて。
夕方にはもう、ちょっと座っただけで意識が飛びそうなくらい眠くて。
というか一瞬意識が飛んでしまった…。
いやー、ほんと、断乳すると寝不足が体に堪えますね…。
もうグッタリです…。
今夜はもう早く寝ようそうしよう。

スポンサーリンク
レクタングル大