4歳&1歳 「子供に背を向けて寝る」「仰向けで寝る」という開放感。

「子供と同じ布団で添い寝してる」ママさんの数%にならわかってもらえるんじゃないかな、と思うんですがどうかな。
特に添い乳育児してるとなおさら。
今4歳1ヶ月の息子を産んでから「新生児期」「添い乳育児」、そして断乳(卒乳)後は「添い寝で寝かしつけ」というとこまで経験してきました。
ちなみに1歳半の娘は断乳を決意したものの、まだ未実行なので「添い乳育児」の真っ最中です。
そこでふと気づくわけです。
「息子を産んでからこの4年、いつも子供側を向いて(横向き)で寝てるな」
ということに。
娘は添い乳してるから必然なんですけど、とうの昔におっぱい卒業してる息子の寝かしつけだって息子の方を向いてあげるわけなので、当然横向き。
これはたまたまだけど、寝るポジションの関係で息子も娘も私の右側に位置するので私はいつも布団の上では「右向き」なのです。
我が家は寝室に2組の布団をくっつけて、「男子布団」「女子布団」の親子4人で並んで寝ます。
寝かしつけのおおまかな手順としては、
1:女子布団で娘を添い乳
2:男子布団に移動して息子に添い寝
3:女子布団に戻って私就寝
って感じですが、123全てにおいて私は右向き!!!
あと、子供は寝相がフリーダムすぎるので私も夫で防波堤になるよう寝てます。
「壁→夫→息子→娘→私→壁」
といった並び。
寝かしつけはともかく、自分が就寝するときですら、やはり子供の様子が気になるので無意識に子供側を向いて寝てしまうんですよね。
そのせいか、疲れがたまってくると朝起きても体がスッキリしない時もチラホラ。
で、ですよ。
たまに「あえて意識して」寝る向きを変えてみるんです。
私の場合、それまで右向きだったのを左向きにすると目の前に壁がきます。
すると圧迫感があると思いきや、物凄い開放感!!
「左向きに寝る」ことが体がとってすごくすごく新鮮なことらしく、体はもちろん精神的にも「子供が視界に入らない」ことで「プチ個室気分」になるようでなんだか少し育児から解放された気になれるというか。
さらにさらに、これはめったにできないけど、夫がまだ寝室に来る前に、布団の空いたスペースを贅沢に使い「両手両足を大きく開いて仰向け」をすると、もー最高に気持ちいい!
特に手ね。
いつもなら手を広げると娘にぶつかってしまうし、娘に添い乳をする弊害になるので手は小さく引っ込めたままなことがほとんどなので…。
「子供に背を向けて寝る」って最初は少し罪悪感あったんですけどね、最近は娘が深く寝入ってる隙にすかさず背を向けて「壁しか見えない」という現実逃避をしてプチリフレッシュしてます。
いやほんと、夜間授乳もしてるせいか無意識に「常に右向き(子供側)」で寝てしまうんです。
だから夜間授乳による寝不足に加えて、常に右向きでいることによる身体的な歪み?疲れ?もあるんだなぁと。
だから体の向きを変える、ただそれだけで新鮮(笑)
仰向けで全身解放できたらなおさら感激!
息子の産後から繰り返し言ってますけど、
「たった1人で朝までぐっすり寝る」
「子供の気配が全くない環境でぼーっとする」
ということが喉から手が出るほど欲しいわけです。
でもそう簡単に手に入るわけじゃないわけで。
寝入った娘に背を向けて壁を向いた時、視界に子供たちが入らないだけで「おお…解放された感がすごい…」と感じてしまう育児業の哀しさ…。
断乳成功して、娘が朝までぐっすり寝られるようになったら、
「私1人でリビングで寝る!」
というささやかな夢を抱いております。
絶対決行してやるんだー!!!

スポンサーリンク
レクタングル大




コメント

  1. パスタ より:

    私は添い乳は二人ともしてないんですが添い寝はしています。ですが、私の両側に娘と息子がいるのでどっちをむいても解放感がありません 笑
    ちなみに主人は一人部屋なので私と子供3人で寝ています。
    誰かの育児ブログに書いてあって「確かに!」と思ったんですが、育児はいつかは終わってしまうんですよね、なので
    「たった1人で朝までぐっすり寝る」
    「子供の気配が全くない環境でぼーっとする」
    これはいつかかないますね☆
    いつかはわかりませんが、、、汗
    解放感、味わいたいなーと思うけどいつかは終わってしまうこのちびっこ達との添い寝を堪能しておかなければ!とも思います(^^♪
    ぐずられた日には今すぐにでも終わってくれーって思いますけどね 笑

  2. サニー より:

    パスタさん
    私も断乳成功したら川の字で真ん中に寝る予定です(笑)
    育児中はなかなかリフレッシュ難しいですねー。
    早く朝まで寝てくれれば…、と願うばかりです!