1歳6ヶ月 「断乳するぞ!」→(断乳記事を読む)→怯む→寝かしつけ手こずる→「断乳する!」の繰り返し。

日記にも書いてきてますがここんとこ何回か、
・寝かしつけに手こずる
・授乳が辛いときがある
・娘のおっぱい依存が強い
などなど、「そろそろ断乳だな!」と決意させることが相次いでまして。
そしていよいよやってきた9月。
断乳といえば春か秋とよく言われるし、残暑はたまに感じても朝晩はめっきり秋らしくなってきたので、そろそろ本格的にスケジュール組もうかなと思いまして。
息子の時も卒乳ではなく断乳だったので、経験はあるもののやはりもう1度復習というか再確認というか、ネットでだに関するサイトやブログなんかを片っ端から読んだりしてます。
特にブログが多いかな?
すると当然ながら「ママさん目線」で書かれてるので、
・できれば卒乳させたかったけど(色んな事情により)断乳
・「おっぱいバイバイだよ」と言い聞かせると悲しそうな顔をするのを見るのが辛い
・(断乳初日に)泣き喚く子供に心が折れそうになった
とか読んでると、それまで「おっぱい依存高すぎ!遊び飲みしすぎ!痛い!眠い!今週末にも断乳よ!」と鼻息荒かった威勢が、プシューーーっと音を立てて萎んでしまうのです…。
でもって、
「うーん…まだ月末とかでもいっかな…」
と先送りしてしまう。
息子の断乳のときは「2人目子作り」という大きな目的があったので、「授乳そのものは終わりではない」余裕からかわりとあっさり決行できたんですよね。
でも娘はほんとにほんとにこれが最後の授乳なわけで。
そんなことは何ヶ月も前からわかりきっていたし、ここ最近の授乳に関する苦痛あれこれの方が負担が大きかったから断乳決意したんですけどね。
いざ断乳記事を読んでしまうと決意が鈍った…。
おかしいな、先月あたりからほんとに、授乳による身体の疲れや寝不足や寝かしつけの苦労に悩まされて辛かったのにな。
あんなに「秋になったら断乳!」って心待ちにしてたのにな。
ちなみに子供達がいたらゆっくりネットで記事を読むなんて困難なので、寝かしつけが終わってから調べてるんです。
だからなんですよね…。
寝かしつけで手こずる→「痛い!眠い!疲れた!」→「断乳するんだからー!」→(スヤスヤ寝顔を見ながら断乳記事を読む)→「ううーん…」→翌日の寝かしつけで手こずる→「痛い!(以下略
をここ何日かエンドレスループで繰り返してます(笑)
で、でも、今月中にはトライしてみようかな!
あ、でも、うん、うーん…?
と、断乳したいのにうまく言えない「何か」によって怯んでる今日この頃です。
来年、いや今年の年末あたりにこの日記読み返したらどう思うかな?!

コメント

  1. パスタ より:

    痛く辛い授乳でもこれで最後だと思うとなんだか一歩がでないですよねー
    私もまだわかりませんがもし今の子が最後の授乳になるのなら断乳、、かなり悩むと思います。でも大きくなればなるほど断乳が大変だとも聞くし(実際わかりませんが)、断乳するなら1歳代かんーと漠然と考えています。
    あーこれが最後の授乳になるならなんだか切ないなぁ、、、
    授乳って母親の特権ですからねぇ(^^♪
    あの幸せそうにおっぱい吸う顔がもう見れなくなると思うと悲しいですよね 泣

  2. サニー より:

    パスタさん
    あーでもないこーでもない、とウジウジ悩んでましたが「悩んでても答えは出ない」と思い、「あ。今夜いけるかも!」という私と娘の間の直感で昨日の夜から急遽断乳してます!
    寝かしつけ中は苦労ばかりですが、圧逃しに搾乳してるときにふと寂しくなる時もありますね…。
    でもどこかで区切りをつけなくてはいけなかったんだし、とこのまま頑張ってみます!(๑′ᴗ‵๑)