1人目&2人目報告→「おめでとう!」3人目報告→「すごいね!」というリアクション。

以前から常々、
「我が家の家族計画は子供2人!」
「しかし本能が3人目を欲してる!」
という答えのない葛藤に悩まされてることを何度か書いてきましたが、ここにきてようやく諦めがついてきたように思えます。
なんだよまだ欲しがってたの?と笑われてしまいそうですが(笑)
私はいま37歳です。
ちなみに夫は38歳。
結婚したのは私が31歳の時。
私の友人たちを見渡すと、ほとんどが子供2人。
3人目を産んだ友人もいなくはないんですが3人目妊娠や出産報告に対するFacebookのコメントを見ると「すごい!」とか「頑張ったね!」という反応をよく見かけます。
2人目までは手放しで「おめでとう」というリアクションなのにね、3人目になると周囲の反応も「珍しい」という色合いが濃くなってるように感じます。
これも時代なのかな…。
「1人目より2人目の方が陣痛辛かった!」
と断言できる私でさえ、産んだその瞬間から「もう一度産みたい!」と思ってしまうからほんとに出産とは摩訶不思議なものです。
そして、
「産めば産むほど欲しくなる」
という理屈?も肌で感じたというか。
1人目の産後は「しばらく2人目なんて考えられない」って焦燥感たっぷりだったのに、2人目ではそれを覆したわけで。
1人目の時は入院中の新生児育児(主に寝不足と寝かしつけ)が辛くて泣いてしまった程なのに、2人目入院中は新生児が可愛くて可愛くて仕方なかったり。
だから頭では「我が家は4人家族で完結!」と理解してても、本能がね、「もう一度出産したいなぁ」と訴えかけてきていて、わりと産後1年くらいは本気で悩んだものでした。
かたや夫は「妊娠・出産」を経験してないので、理屈通りに「いやいや、3人目はないよ!」と私の本能の訴えを即答で却下してくれてましたけど(笑)
「ほんとに3人目諦めつくのかなぁ?」
と一時期は本気で心配していましたが、ここにきてやっと理性的に諦めがついたように感じます。
というか正確には、
「3人目欲しい!と思ってたことを忘れてた」
と言った方が正しいかな…。
1年以上かけてようやく産後ハイが抜けたのか、娘が手のかかる月齢に差し掛かって「この大変さを早く抜け出したい!」という心理なのか、息子の習い事や進路のことで現実的な「¥」を突きつけられ始めたからなのか(笑)
原因は色々あるでしょうが、もう一人育てたいか?と聞かれたら「いやもういいかな…」とこれまでの「諦める」という心境より「もう無理しんどい」という心境になってきました。
もし魔法が使えるなら「陣痛〜出産〜入院中」だけはやってみたい!
これだけはねー、あんなに痛かったのに出産直後の幸福感と産まれたてホヤホヤの新生児を抱く幸福感は生まれてこのかたあれ以上の幸せは味わったことがないからです。
そのせいでずっと3人目に諦めがつかなくて自分をなんとか言い聞かせてきたけど、ここにきて本能より理性が勝ってきたんですね。
歳かな、歳ですね(笑)
そんな自分に気がついたのは、周囲の妊娠出産の話を耳にしたとき。
以前なら「うおおおおお!いいなああああ!私もやっぱり3人目えええ!」とアドレナリン放出してたに違いないんですが、最近は「めでたい!」というだけで自身の3人目のことは忘れてることが多いなぁと。
それに思い出しても「いやでも私はもういいや…」と。
ここに至るまで随分時間かかったなぁ(笑)
お金と体力が無限にあれば3人目考えたんですけどね、我が家は両方限られてるので4人家族が限界と痛感しました。
娘の寝かしつけの大変さ、娘と息子の理不尽な兄妹ゲンカ、息子の習い事に娘を連れて行くしんどさ、と3人目のことを想像しても大変なことしか思い浮かばない、という体力のない&無駄に体が弱い37歳な私。
娘のオテンバっぷりに感謝すべきなんだろうか…。
だからほんと、3人以上育ててるママさんは偉い!
「3人目の壁」って絶対あると思うもの。
今の社会、「女性もガンガン働こう!」という風潮で私も仕事を持つ身ですけど働きながら3人目ってすごく大変だし、実際諦める人が多数と思います。
それが故に3人目の妊娠出産報告に対してみんな、「すごいね!」「頑張ったね!」なんだと思う。
みんなが踏ん切れないからこその「すごいね!」っていう。
私も頑張ってみたかったけどなぁ!
残念ながら2人でリタイアです!
子供達が親になる頃には3人くらい余裕で産み育てられる社会になってるといいなぁ、と思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大




コメント

  1. パスタ より:

    なんだか自分をみているようです
    私はおそらくまだ産後ハイが向けていない状態であきらめきれていなかったりします。
    夫とは1年後くらいに話し合って次をつくるかどうか結論を出す予定。。
    私は32歳なんですが産まないのなら働きにでるのでつくるとしてもチャレンジは1,2年といったところでしょうか。
    でもうちも家計的に3人目は厳しいんですけどねぇ(;´Д`)

  2. サニー より:

    パスタさん
    3人目ってほんと大きな壁の向こう側に行く勇気が必要ですよね…
    でも私も環境が許すのであれば、もう少し若かったら、といくつかの「もし」が乗り越えられたら欲しかったなぁと今でも思います。
    ただ、最近になってやっとその「もし」が厳しいことと無理をできないなと身体が言ってる感じがして諦めがついたというかなんというか。
    32歳、羨ましいです!
    でも家族計画は家族それぞれの答えがあるので、どうか、パスタさんと旦那様で最高の結論に至りますように!(๑′ᴗ‵๑)

  3. たまご より:

    3人目の憧れ、やっぱり私もありましたが、金銭的に無理がありましたし、一番大きいのは、またイヤイヤ期に直面するのが、こっちがイヤイヤ!でしたかねー´д` ;
    次男の絶賛イヤイヤ期中の今、これにまたもう一人かーと思うと遠い目に(^_^;)
    あんまり兄弟の年齢を離したくないと私は思うので、産むなら次男出来てすぐまた作るってのが理想なんでしょうが、理想と現実はなかなか難しいですよね。
    本当、兄弟が沢山いるご家庭は凄いなぁと感心しますよね。私は早く午前中パラダイスを楽しみにしてるというのに(^_^;)

  4. サニー より:

    たまごさん
    分かります分かります!
    私も2人目が新生児〜乳児の辺りは「大変<可愛い」だったので3人目欲しい病が凄かった(笑)んですが、1歳を過ぎてから徐々に徐々に「大変>可愛い」になってきて、「これをもう1回はしんど…」となってきました…。
    あ、経済的にもアレです!
    私も年齢差は少なめに「(体が忘れないうちに)一気に育児期を駆け抜ける!」のが希望だったので、午前中パラダイスを熱望しております(笑)
    3人目、産めたご家庭はほんと「羨ましい!」の一言ですね!