3歳&1歳 「寝かしつけ」を放棄したい夜もあるのです。

昨日のことなんですけどね。
特にコレってピンポイントな理由があるわけじゃないんだけどただなんとなく、
「あー…寝かしつけかぁ…はぁ…」
と私1人で3歳児と1歳児を連れて寝室に行き、2人を寝かしつけるのが億劫に感じてしまうことがごくたまーにあるのです。
むしろ1人目だけの時のが頻繁にあったけど、2人になってからはもうそれが毎晩のルーチンワークで染み付いてたのでそんなに苦じゃなかったんですよね(笑)
だけど昨日は久しぶりに寝室へ向かうのを体が拒否るというかなんというか。
そんなときはね、寝室行かないの!
リビングに布団敷いちゃうの!
2人とも好きなだけ起こしとくの!
つまり「寝かしつけ」をしない!!
子ども達が自然に眠くなるまで放牧!
そうするとスーッと私の気持ちも軽くなるのです。
それだけで肩の荷が降りるというか、「寝かせなきゃ」というプレッシャーから開放されるのですごく気が楽。
子ども達もいつもと違うシチュエーションで楽しそう(笑)
しかもほら、昨日は民放でトイストーリー3やってたじゃないですか?
もー2人とも大興奮、しかも「お布団に入りながら見られるの?!」みたいな。
とはいえ1歳児の娘はどんなに張り切ってもいつもの定刻でうとうとグズグズ。
でも「寝かしつけ」のストレスから開放されてる私はにこやかに「そっかー眠いのねーよしよしー」と添い乳、そしてコテンと娘就寝。
息子はもう少し起きてたけど、眠くなる直前まで遊べたことに満足したのか「もう寝るー」と自分から言いだしてからわずか5分で就寝。
寝かしつけに親が疲れたら環境を変えて親子共リフレッシュするのもたまにはいいですよね。
毎晩のようにこんなサービス&夜更かしをさせるわけにはいかないけど、最近では数ヶ月に1回あるかないかなので翌日幼稚園が休みならアリかなーと思ってます。
ちなみに寝かしつけに関しては夫は戦力外なので特に不満もないです(笑)
本人は戦力になりたがってるんだけどねぇ、眠くなった子どもたちというのは何故かママ一択になってしまうのよねぇ…。
息子1人だけのときはそれすら、
「なんで私だけ寝かしつけで苦戦しなきゃなんないのよ!フンガー!」
とよくイラついてたわそういえば…。
今となってはね、「寝かせられる人」と「どう頑張っても寝かせられない人」がいるのだと理解しました(笑)
寝かしつけが面倒になったら寝るまで放っておくのもストレス発散になりますねぇ。

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. パパリズム より:

    リビングで寝るっていうシチュエーションに子供たちが大はしゃぎって、修学旅行の感覚に似ているような気がしました。
    サニーさんの気持ちも軽くなり、たまには良いですね。
    旦那さんが戦力外・・・確かに^^;

  2. サニー より:

    パパリズムさん
    まさに修学旅行の夜ってノリですね!
    夫は戦力外なことに不服なようですが、現実そうなので仕方ないです(笑)
    昔はそれが私も不満でしたが、今となっては「早く寝かせられる方が寝かせればいい」と悟りを開くまで成長しました…