1歳3ヶ月 「寝不足が当たり前」から「寝不足が辛い」になってきた。

季節の変わり目だからとか、梅雨入りしたものの夏日だったりと寒暖差があるからとか、そもそも私が37歳だからとか、色んな原因があるとは思うんですがここにきて、「寝不足の辛さ」が苦しいなぁと感じることが増えてきました。
新生児期はもちろん、乳児期だった0歳児の頃ももちろん寝不足で辛いなーとは思ってましたけど、今の辛さとはまた違うというか。
それこそ0歳児の乳児期だった頃の方が今より頻回授乳だし、離乳食とかも手間だったし、全てにおいて今より大変だったはずなんです。
寝不足も体力的な疲れも。
なのに今の辛さは、こう、生命エネルギーを吸われるというかね(笑)
「あー!つかれたよー!!!」というのではなく、「はぁぁ…つかれ…た…はぁ…」って感じ。
ちなみに昼間はお昼寝時と夕方に授乳するくらいですが、夜はまだ3時間以上寝ません。
長く寝ても3時間。
私自身は0〜1時ごろ寝ることが多いんですが、朝起きるまでに最低でも2回は授乳で起きるし平均すると3回かな?
もちろん添い乳で済ませちゃうし、娘もお腹が空いたというより眠りが浅くなった時に「再入眠するための手段」として求めてる風なので咥えてるからはそんな手間取らずに寝るんですが。
でもそんなわずか一瞬のことでも、添い乳だから寝たまま相手するとはいっても、私はその瞬間目が醒めるんです。
娘の寝相を正して、自分の服をめくって、飲み終えてまた寝たのを確認したら娘の口を離して、自分の服を正して、そしてやっと私も再度眠りにつく。
を、毎夜2〜3時間おき。
まぁね、乳児期はこれ当たり前にこなしてきたことなのにね。
ここにきて、なんかほんとぐったりお疲れ気味です。
とはいえ「ならばすぐに断乳する?」と自分に問うと「それはまだいいかな」と即答してしまう自分がいるのです。
断乳、ではなくて、「しんどいけどなんとかもう少し乗り切りたい」という心境。
私の体がもう「産後」から抜けかけてるんだろうなー、と感じます。
産後はできてたことが、「できなくはないけど当初より辛い」的な。
まあ、産後1年3ヶ月だし、もうそういう時期なのかな?
それにしても「妊娠」「出産」「産後」ってすごいね!
「子供を産み育てる」ためにこんな寝不足にも体が適応しちゃうのかとね!
でもそれも期間限定なんだなと感じました(笑)
雨だったり曇りだったり、晴れてもわずかだったりジメジメしたり。
マイナス要素がさらに悪化してしまいそうな天気もあるのかな。
お日様浴びてセロトニンたっぷり出して元気回復したいものです!

スポンサーリンク
レクタングル大