3歳10ヶ月 初めての「好き嫌い」はグリンピース。

好き嫌いというか、「嫌い」とはっきり言った唯一の食材がグリンピース。
息子が生まれてからこの3年10ヶ月過ぎますけど、もうほんとに何でも嫌がらず食べる子だったんです。
初めての食材でもなんのその、子どもが嫌がりがちな渋い料理もなんのその。
もうとにかくなんでも「美味しく食べる」ことに天才的だったので、料理のレパートリーが乏しい&腕もイマイチな母としては、本当に助かってました(笑)
それがね、急にここんとこ言い出したのが「グリンピースきらーい」ですって。
グリンピースね、あーなんとなくわかるよ、うん。
子どもってグリンピース嫌いなイメージあるよ…。
夕飯にオムライス作ったら案の定、
「おかーさーん、グリンピースはいってるよー、○○(息子)食べられないよー」
とボソボソ。
とはいってもね、泣いて嫌がるとか絶対口にしないとかじゃないんですよ。
なんかね、「好き嫌いとか言っちゃうボク(キリッ」って感じなの(笑)
オムライスの中からグリンピース見つけては、「ほらー、グリンピースだよー、あ、こっちにもー」とか笑いながらグリンピース発掘。
はいはい、と流してたら「ちょっとー!○○(息子)グリンピース食べられないのに間違って食べちゃったよー!(笑)ふふふ」とかなんとか。
「食べられるんじゃん(笑)」とか思いつつ、そこはきっと突っ込んではいけないんだろうと「嫌いなのに食べられるなんてすごいじゃん!かっこいいーー!」と持ち上げたら得意げなご様子…。
幼稚園で好き嫌いを言う子がいるのかな?
「○○食べららなーい」が言いたいだけじゃないかしら?と微笑ましく見守ってます(笑)
ちなみに好き嫌いで「絶対に食べない!」はないけど、「その時の気分」で食べないことはよくあります…。
いつもは大好きでよく食べる食材なのに「その食事中」だけその食材を「食べたくなーい」と一点のみ食べようとしないっていうね。
正直、今回の「グリンピースきらーい」より断然そっちの方がイライラしますけど!
食事のしつけって難しいねぇ…