1歳3ヶ月 いま理解できてる「指示」あれこれ。

だいぶ「赤ちゃん」要素も抜けて、すっかり「幼児」っぽくなってきた娘。
音楽に合わせて踊るの大好き。
歌に合わせて歌うの大好き。
お兄ちゃんに絡むの大好き。
と、だいぶ個性がニョキニョキ出てきたように感じます。
歩く→よじ登る→走り回る→テレビを真似て踊る→一緒に歌う、と目新しい変化を遂げてきましたがここにきてまた新たな変化が。
そう、
「指示が通る」
いやー、ほんの1年前は仰向けに寝てるだけの赤ちゃんだったのにねぇ…。
踊るとか歌うという動きは、「テレビや私の真似をする」んですよね。
Aという刺激にAという行動をする、というか。
だけど指示が通るってだいぶ違いますよね。
Aという指示でBという行動をとる、わけです。
これまでの歌や踊りみたく「オウム返し」じゃなくて、Aという内容を理解してBという行動に移るっていうね。
前置きはその辺にしていま娘が理解してる指示を記録しておこうと思います。
・「○○する人ー!」「△△(娘)ちゃーん!」→「はーい!(手を挙げる)」
・「お出かけするよー」→(1人で玄関に歩いて行き座って靴を持って足にはめようとする)
・「ねんねするよー」→(1人で寝室に歩いて行き自分のお布団にゴロン)
・「ごちそうさまは?」→(両手を合わせて頭ぺこり)
・「○○(娘が手に持ってるもの)持ってきてー」→(歩いてきて渡してくれる)
・「お片づけしてー」→(おもちゃ箱に全力で投げ入れる)
こんなとこかな?
もちろん娘の機嫌が悪かったりこともあるので毎回必ず!とまではいかないですけどね、でもかなり高確率でやってます。
あと余談だけど、だいぶ「発語」っぽくなってきました。
前に「チューリップの歌をなんとなく歌う」と日記に書いたけどそれもだいぶ発音がはっきしてきました。
「さーぃーてゃ!さーぃーてゃ!(さーいーた♪さーいーた♪)」みたいな(笑)
他には「(手を振りながら)ばいばーい」とか、電車を見ると「ぽっぽ!」と言うし、「ママ」と「パパ」はもう完全にはっきり言えるようになりました。
もうこうなると「赤ちゃん」ではないですよねー。
成長は嬉しいけど、もうあの「ハイハイ」とか「喃語」は卒業かと思うと名残惜しいいいいいい!
2人目ってほんと色んなことがあっという間ですねぇ…。

スポンサーリンク
レクタングル大