3歳8ヶ月 3歳児に気を遣わせる残念な37歳児。

夫の話ですけどね。
息子はわりとカルピスが好きなんです。
毎日ってほどじゃないけど、波があるのか飲みたがる時は何日か連続で欲しがる感じで。
なので、私もカルピス好きってこともありたいていストックしてあるんです。
私は白カルピス、息子はぶどうカルピスがお気に入り。
そして先日スーパーで買い物してる時に息子のぶどうカルピスを切らしてることを思い出したので、夫に「○○(息子)のカルピス一緒に選んできてあげてー」と頼み私と娘は先に他の売り場に行ってたんです。
その後しばらくしてから合流。
すると夫が興奮気味に息子の話をしてくるんですよ。
以下、夫と息子の会話再現。
夫「どのカルピスにするー?」
息「ぶどう!ぶどうのカルピス!」
夫「えーお父さんはイチゴがいいなー」
息「ぶどうがいいよー」
夫「えーイチゴにしないー?」
息「うーん…うーん…んんー…イチゴにしよっか!」
夫「え?!イチゴでいいの?」
息「うん!イチゴにしよう?」
夫「いやいや!本当はどっちがいいの?言ってごらん?」
息「うーん…イチゴ!…うーん…ぶどう!!」
夫「だよね!ごめん!お父さんが悪かった!ぶどうにしよう!」
ですってさ。
夫がね、何を興奮気味に話してたかって「いやほんとうちの子優しいんだよ!!」ってまぁ嬉しそうに嬉しそうに。
いやいやいやいや。
3歳児に気を遣わせる37歳児が残念すぎて言葉がないよ!(涙)
ないわー、それないわー。
なにやってんの?
と、37歳児の残念さに落胆しつつ、3歳児の大人な対応に頭が下がるわー…。
ちょいとしばらくの間、私は37歳児の教育に専念しようかと思います(真顔)