3歳8ヶ月 「名札の色が変わる」という感動。

季節外れの雪が舞う中、今日は幼稚園の始業式でした。
3月まで付けてた未満児クラスの名札と肩章(どちらも学年カラー)を外しての登園でちょっと物足りない感じ。
幼稚園へ送っていくと、そう、下駄箱の場所が違うの!
もうそこでちょっと感動。
「いよいよ年少さんが始まるんだなー」
と寒さに震えながら上靴に履き替えさせてたら新しい担任の先生が登場して簡単な挨拶。
まぁでも入園式は明日なので今日はまだ進級児しかいないんですよね。
だからまだ目新しい感じはそんなになく。
で、今日はお給食なしの早上がりだったのでバスのお迎えもお昼でした。
同じバス停で待つママさんと「いよいよ進級だねー」とか「新年度も同じバス停で良かったねー」なんて話しながら待ってたんですが…。
さ、さむい!
とにかく寒いよ!寒すぎだよ!
傘を持つ手がかじかんで痛かったよ!
いやほんとに寒かったんだよ…。
そしてバスがやっときて、息子たちが降りてきて…、と思ったら、
「おおおお!年少さんの名札だー!!!」
「おおおお!年中さんの名札だー!!!」
と、私とママ友2人して子どもたちの新しい名札の色に大興奮(笑)
まさか「たかが名札の色」にこんなに興奮すると思ってなくて、2人とも爆笑しながら大興奮。
「なんかテンションあがるねー!」
なんて言いながらそれぞれの子たちが新しい学年の名札と肩章をしてるのがとてもとても新鮮で可愛くて!
自分の子はもちろんだけど、毎日バス停で一緒だったママ友の娘ちゃんも年中さんの名札と肩章つけてて、よそのお子さんながら「あぁもう年中さんになったんだね、大きくなったねぇ」と、もう気分は親戚のおばさんですよ!
これは予想外の興奮でしたねー(笑)
親になってわりと子どもの行事も一通り経験したつもりになってたけど、まだまだ私の想定してない「興奮ポイント」がたくさんあるんだろうなー。
たかが名札、されど名札。
学年があがる、ということがこんなに子どもの成長を実感するイベントだとは思いませんでした。
幼稚園、奥が深いぜ…。

スポンサーリンク
レクタングル大




コメント

  1. まりこ より:

    サニーさん!!4月22日に新幹線の記念硬貨の引き換えがありますよ!
    新幹線好きの息子くんに是非!!!
    記事と全く関係のないコメントですみません。。。

  2. サニー より:

    まりこさん
    これは!!!!!!
    知りませんでしたー!!!!!
    これはやばい、興奮してきました(笑)
    ありがとうございますー!!
    このご恩は忘れませんんんんん!
    m(_ _)m