1歳1ヶ月 Eテレ「観客型」の兄と「参加型」の妹。

お疲れさまゆうなちゃん!
初めてましてゆきちゃん!
てなわけで、ゆうなちゃん卒業でとても熱い「いないいないばあ」ですが我が家も漏れずに盛り上がっております。
月曜のね、ゆきちゃん初登場の回なんてね、
「おかーさん!ゆきちゃんとこもう一回見せてっ!」
とあのわずかな登場シーンを3回も再生させられましたよ…。
このめんくいめ!
とまぁ、今でこそあーだこーだと言ったり一緒に楽しく踊ったり参加型になった息子ですが昔は違ったんですよ。
確かに物凄い食いついてたんです、いないいないばあには。
始まるともうダッシュでテレビの前に陣取ってもうとにかく食いついて見入ってるの。
でもですね、一緒に踊ったりとか歌ったりとかはあまり、いやほとんどなかったかなー?
テレビ叩いて笑ってるのはよくあったけど(笑)
ひたすら食いついて見てる「観客型」タイプでした。
一方、妹の娘。
こちらは完全に「参加型」ですね。
娘もいないいないばあが大好きで、オープニング始まると「?!」と振り向いてテレビにダッシュ。
そこまでは息子と同じなんだけど、娘はとにかく踊る、そして歌ってる(つもり)
オープニング最後の「いなーいいなーいばあ♪」のとこは高確率で「だーだーばあっ!」とわりとはっきり歌っててびっくりします。
そして謎のダンスが始まる(笑)
そりゃあまだね、「踊る」なんて難易度高いことは難しいのでね、リズム取りながらスクワットしつつ両手をブンブン振り回すのが定番のダンスです。
でも歌が始まると毎回同じような動きで「だったー!」「ばー!」と歌に合わせてるので本人はたぶん歌って踊ってるんだろうなぁ、と。
もうほんとノリノリなんです。
これがもう新鮮で新鮮で。
息子は「テレビを見て一緒に踊る」ってのをし始めたのは幼稚園入ってから、つまり2歳半以降なんです。
それまではひたすら「観客型」で、幼稚園入園、つまり娘が生まれた頃から「参加型」になったわけです。
それが娘はいきなり「参加型」だもんねー。
娘の性格もあるだろうけど、やっぱり息子が踊ってるのを見て「それが普通」だと学習してるのが大きいだろうなー!
娘が生まれてからは、息子も幼稚園で見る見る積極的に体を動かすようになったのでそれを見て育った娘は「歌が始まる=自分も歌って踊るもの!」なんだと思います。
こうやって第一子と第二子で個人差ができてくるんだなぁとしみじみ。
余談ですが、娘のスクワットダンスがダサカワで親バカノンストップです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大