【3歳 年少】幼児の先取り学習ってどうなんだろう?【幼稚園児】

この春から年少さんに進級する息子(3歳7ヶ月)の通信教育を選ぶ上で思わぬ問題にぶち当たりました。
そう、「先取り学習」ってやつです。

我が家ではとりあえず年中コースで先取り学習をするという結論に達しました。

が!
この春から年少さんの息子に年中コースを受講させることが良いことなのか悪いことなのか、それもう色々調べたんですよー。
ほらだって、「うちの子は年少さんなのにもう年中さんのお勉強してますのよオホホホー♪(スネ夫ママ風)」的な自己満足になってしまったら本末転倒だしなんかねぇ…。

で、私なりに至った答えは、
「幼稚園児が【小学校入学準備】でする範囲内ならいいのかも?」

小学校入学準備って要は「ひらがなの読み書き」とか「初歩的な数字への理解(大小比較や足し算程度まで)」とか「時計が読める」とか、小学校1年生でやる単元の程度「まで」のことです。
あくまで先取りしたとしても、小学校1年生「まで」←ココ重要

当然ながら、小学校入学すると「カリキュラム」というのがあるわけで1年生、2年生、…と全国共通で進んでいくわけです。
だから小学校入学以降は「その学年の応用を突き詰めていく」方が理想かなーと。
1年生で3年生の勉強するよりも「1年生の範囲」の中で可能な限りの応用問題を解かせて応用力を極めさせたい、というのが私の理想。
もしくは、教科書以外の経験(音楽とか体操とか英語とか)を増やしてあげるのもいいかなぁ、なんて。
うちの息子は教科書に追い付くのが必死!っていう可能性も大いにありますけど(笑)

だけど幼稚園ってカリキュラムがないからわりとフリーダム。
書店で売ってるドリルとかも小学生向けははっきり「○年生用」と書いてあるのに未就学児用のドリルは「3.4.5歳用」とか超アバウト。
だから「先取り学習」といってもそんなに鼻息荒く抵抗するような段階じゃないのでは?と思いました。

先取り学習で心配なのは「学校の授業がつまらない」と興味を失ってしまうことなんですよねぇ。
かといって中学受験を視野に入れると教科書通りのペースでは正直間に合わないです。
私が公立小⇒私立中だったので「教科書の限界」はそれなりに痛感した経験があります。

だけど少なくとも低学年のうちに「学校の授業がつまらない」にするのはちょっと怖いんですよね。
中学年以降になれば「学校と塾」のそれぞれの意味合いも理解できると思うので、受験を視野に入れた(多少の)先取りも意味を成すと思うんですけど、それでもやはり先取りと並行して「対象学年の応用力を極める」ってことをおろそかにしたらいずれ成績も頭打ちになるのが目に見えてるというか。

なので「小学校低学年」ってすごくデリケートな学年だなぁと考えさせられました。

とりあえず今回は年少の息子に年中コースを受講させることにしましたが、年長さんになる年にもう1度学習内容を精査するつもりです。
「年中さんに年長コースを」という1年先取り学習は特に抵抗ないんですけど、「年長さんに小学校1年生コース」という先取り学習は私としてもちょっとまだ引っかかりがあります。
もしかしたらそこで【幼児のZ会】みたいな「詰め込みではない学習」という補足を加えるといいのかな?とも思ったりしてます。

難しいですねほんと(笑)
息子が年長さんを迎えるときにこの記事読んだら私はどう思うのかなー?

スポンサーリンク
レクタングル大