生後11ヶ月 1人目の経験上ハイハイ姿はこれでもかと動画保存。

最近の娘。
よく立ち、よく歩き、よく踊り、よく歌う。
もちろんまだ歩くのはまだまだ若葉マーク。
よちよち、とはよく言ったものでその名の通りヨッチヨッチ歩いてます。
平均3〜5歩、足場が悪いとそんなにいかない(笑)
だけど、立つのはもう完全にマスターしたのと「歩く」という移動手段を認識したみたいで、「あ。こうやっても向こうにいけるんじゃん!」みたいな感じが伝わってきます。
その反動で、ハイハイ姿が減りつつあります。
寂しい、これは寂しい…。
順調に成長して歩けるようになったことを喜ぶべきなんだろうけど、「我が子のハイハイ姿」はこの娘が最後なので名残惜しいのなんの!
そして1人目がすでに3歳で永久機関のごとく走り回ってるわけですが、ふと、この子がハイハイしてた頃が物凄く懐かしくなる時があるんですよね。
我が家は毎月1回、子供の動画を残してるんです。
気楽に見れるように5分程度なんですけど。
その時点でできるようになった動き、仕草、声をなるべく残してるんです。
それをハードディスクに移していつでもすぐテレビで観れるようにしてるので、わりとちょこちょこ手軽に見てるんです。
でね。
わりと何回も見ちゃうのがハイハイ姿。
もちろん、入園式とか運動会とか、家族旅行とか、他のも見ますけど累計だとたぶんハイハイ時期の動画を1番見てるかなー。
だってね。
ハイハイは!もうしない!んですよ!
物凄い当たり前なこと言ってますけど!
子の成長は不可逆なので歩くようになったら当然ながらもうハイハイはしないのです。
こんなに可愛いのにねぇ。
そんなわけで、たっちとあんよを始めるようになってから娘のハイハイ動画をなるべく残すようにしてます。
もうあと数ヶ月で見れなくなるんだろうなぁ、と思いながら。
1人目のときは「新しい成長」が嬉しくてそればかり記録しがちだったけど、2人目になると「今しか見れない姿」も大切だなぁと。
自分たちの写真や動画なんて数えるほどにもないのに、子どもたちのデータは整理しきれないほどあるなんてほんと親バカだなー!
そういうキャラじゃないと思ってたのに誤算だよ!(笑)