3歳5ヶ月 入園から1年経過で成長を振り返る。

ちょうど1年前の2/3である今日、息子が幼稚園に初登園したのでした。
それまでずーっと一緒にいた息子がついに幼稚園、制服着てバッグ持ってお教室へ。
息子の制服姿にわくわくしつつ、私がいなくて大丈夫かと心配しつつ、ハラハラしていたものでした。
そもそも当初はね、3年保育の年少さんからでいいかなって夫と話してたんです。
だけどこの辺でも珍しい4年保育の幼稚園(こども園)がたまたま自宅と勤務先の中間地点にあったのと、ありがたいことに2人目を計画通り2学年差で授かれたこともあって出産で入院中に幼稚園通ってた方が実母の負担も軽いと思って予定日前に入園ってことになったんです。
もう1年かー、早いなー!!
あの頃まだ娘はお腹にいたんだよねー!
大きなお腹で毎日幼稚園まで送迎してたんだった。
あの頃はまだ言葉がほとんど出てなくて、オムツも取れてなくて、月齢の近いお友達もいなくて。
それがもううるさいくらいしゃべるし、トイレも完璧だし、お友達もたっくさんできたし。
「まだ早いかな?可哀想かな?」と思ったこともあったけど、今となっては幼稚園入れてほんとよかったなーと思います。
娘が生まれた後は特にそう感じたかな!
娘のお世話に専念したいときもあるし、そんなときにもずっと息子と娘を相手してたら息子が疎外感を感じるだろうし。
でも幼稚園のおかげで、少なくとも幼稚園の時間は息子も思いっきり遊べるしお友達もいるし、その間は私も息子の目を気にせず娘のお世話に専念できるんですよね。
あとやはり家庭では教えきれないこともたくさん覚えてきてくれました。
譲り合い、挨拶、習慣、季節の行事、家の中で教えるのとお友達と一緒に経験することって違うんだなぁとしみじみ。
あと2ヶ月で年少さんです。
やはり今の年少々さんは、これだけ良くしてもらってますがそれでも年少さん以降よりは保育要素があるんですよね。
逆に年少さんからは今よりぐっと幼稚園らしく教育要素満載になります。
お兄さんだよ!お兄さん!!
いやー、楽しみだなー!
この1年はほんと悩んだり喜んだり、大きな成長を遂げた1年でした。
息子、頑張ったね!
毎年恒例(らしい)節分の手作りお面!
2015-02-03-23-19-28