3歳5ヶ月 幼稚園の担任「12月は少しだけ不安定でした」

年末はクリスマス会直前の発熱騒動でそのまま慌ただしく冬休み入り、今年に入って新学期が始まるもなかなか担任の先生とゆっくりお話できる機会がなかったんです。
朝はバス当番でいなかったり、バスのお迎え行っても別の先生が乗ってたり。
そこで12月に気になってたことを先生に聞いてみた。
「12月に何回か園で泣くことありましたかね…?」
と。
というのも、先月は幼稚園から帰ってきて「きょうねー、さみしくて泣いちゃったのー」って言う日が何日かあったんです。
12月上旬から中旬にかけて4~5回くらいあったかな?
悲壮な顔で、というよりな「泣いちゃったの、テヘヘ」って感じだったので「そっかそっか寂しくなっちゃったのかー」と抱きしめてあげてヨシヨシしてあげる程度のフォローだったんですが、幼稚園に慣れてからはそんなことなかったので「赤ちゃん返りかな?」と気になってはいたんですよね。
そうしたら先生の返答がタイトル。
「何回かありましたねー、12月は少し不安定だった気がします」
ですと。
とはいえギャン泣きではなく、ふえーんと少しべそをかく程度だそうですぐに回復していたそうなんですが。
赤ちゃん返りですかねー?なんて話したら予想外の答えが。
「いえ、11月末に退園した(親友)くんがいなくなったことがまだ受け止め切れてないみたいで…」
おお…
おおおお!!!
そうだったーー!!!!!!
と超納得。
先生が言うには息子含めて同じクラスのお友達も「違う幼稚園に行った」となんとなく理解できてる日と「今日はまたお休みかー」とすっかり忘れちゃう日があるそうで。
息子と(親友)くんはほんとに仲良しでいっつも2人一緒に遊んでたそうなんですよね。
だから「いつも(親友)くんと遊んでた時間帯」とか「いつも(親友)くんと遊んでたおもちゃ」とか(親友)くんを思い出すようなシチュエーションで、いつになっても幼稚園に来ない(親友)くんを思い出して泣いてしまっていたそうです。
「さみしくて」は(親友)くんに会えない寂しさだったのかー…。
せ、切ない…!!!
「泣いちゃったのー」と伝えてきたときに「どうして寂しくなっちゃったのかなー?」と聞くと「ママに会いたくなっちゃったのー」と言ってたけど「(親友)くんと遊べなくて寂しいからママに会いたくなっちゃった」ってことだったんだなぁ…。
まぁ先生が言うには、
「12月は体調不良のお子さんが多かったり、寒かったりでなかなかお外で遊ばせられなくて子供たちのストレスもたまっていたと思うので、余計に(親友)くんがいないことが負担になってしまったんだと思います」
だそうです。
そして今年に入ってからはまだ泣いたりしたことはない、と。
親友がいなくなる、って私が思ってた以上に息子にとってはストレス要因だったんですね。
そしてわずか3歳児でも「お友達に会えなくて寂しい」という感情は立派に存在するんですね。
ついこの間まで赤ちゃんの延長みたいに思ってた息子も、もうしっかり喜怒哀楽を持った人に成長したんだなぁと痛感。
ちょっと3歳児を軽く見ていたことに反省。
3歳児、あなどれません。
ちゃんとケアしてあげなきゃな、と思った事件でした。