3歳5ヶ月 母、「おばあちゃん」に完敗する。

夫の母は夫が幼い頃に他界してるので、息子にとって「おばあちゃん」は私の母だけなんです。
しかも私が仕事の間(午前中)毎日預けてるからとても慣れてます。
なので息子1人で私の実家にお泊りとか楽勝で2歳過ぎからたまに泊まらせてたんです。
あと娘は私が病気の時とかね。
昨日は夫が友人たちと飲み会、ということで私の実家で子どもたちをお風呂に入れたんですが帰る時間になって始まった「帰らない」コール。
優しく言ったり説明したりまぁ手は尽くしたんですが最後は、
「おうちにかえらないーー!!!」
「○○ちゃん(私の母)と寝るのー!!」
と大絶叫、そしてギャン泣き。
いやーすごかった。
もんの凄い泣かれた。
しかもすごい声量で。
それでもなんとか連れて帰ったけど、そこからまた第2戦開始…。
まー、よくもこんなに体力あるなって程泣いてました。
最後は私も根気よく優しく言い聞かせて納得はしてくれたものの、今度は「眠くない!!」の連呼。
うちは20時過ぎには子どもたち二人とも寝かしつけに入るんですが、どんなに元気に起きていても布団に横になることは拒否ったことないんですよ。
それがいきなり「眠くない!」とか言って布団に入れるのに一苦労…。
もう最後は娘を寝かせてから寝たふり!
シーンと静まり返った寝室で「眠くないもん…眠くないもん…」と独り言をつぶやきながら寝ました(笑)
そんなわけで、「おばあちゃん」という存在に完敗を喫した私なのでした。
でもさ、叶わないよー。
だってさ、甘いもの!!
もちろん全てにおいて甘やかしてるわけじゃなくて、私が「しないで」と言ったことはさせないし、しつけ(食事のマナーや危険なこと)的なことはちゃんとダメと教えてくれてるんです。
そこにはすごく感謝してる。
だけどその「ダメよ!」の仕方がとても余裕のある叱り方なわけ(笑)
とても優しい声で、ゆっくりな口調で、穏やかな言い方ができるのが、「おばあちゃん」
育児本から出てきたようなパーフェクト育児!
私なんてほら、「なにやってんのー!もー!」みたいな?
カリカリした声で、パパパーっと早口に、叱り口調で言うからねー。
もうね、子どもからしたら天使と悪魔だよね!
そりゃ、おばあちゃんがいいよなぁー。
と、しみじみ。
特に年末年始は幼稚園も休みだし私の母も休みだから息子と過ごす時間が倍増してたからね。
余計におばあちゃんべったりになっちゃった模様。
幼稚園が始まると息子と私の母が会う時間はめっきり減るので、それまでの辛抱かなー。
やれやれ!

スポンサーリンク
レクタングル大