3歳4ヶ月 初めての「ふてくされ」を見せる。

今朝はね、もーすごい大変でした。
バタバタと支度をして(これはいつも通り)、娘をエルゴで抱いて、息子に靴を履くよう言って、さあ出発するぞー!となったところて息子が、
「ママ!ちがう!ちがうよー!」
と出発拒否。
そして私のスニーカーを両手に持って、
「ママこっちー!こっち履いてよー!」
と突き出してくる。
そうです、息子が履いてるのは先日買ったニューバランスの996のグレー。
「ママと同じのがいいー!」と言って息子が選んだ靴。
そして目の前の息子が持ってるのは、そのお揃いのスニーカー。
「あぁ、そういうことね…」と理解したものの、何せ私は出勤前。
スニーカーなんて無理でパンプス履いてます。
息子には申し訳ないけど、スニーカーで出勤も無理。
なんとか、なんとか言い聞かせ、それでも「やだー!ママも履いてよー!同じがいいよー!」と泣かれてしまいまして。
なのでギューっと抱きしめながら「バスのお迎えはスニーカーで行くからね?」と言い、泣くのが落ち着いたところで「幼稚園行ける?」と聞いたらしぶしぶ頷くのでやっと出発。
それからはマンションの階段降りて車に乗るまでずーっとボソボソと恨めしそうに「ママと同じが良かったんにー」をエンドレス独り言…。
車に乗ったら今度はまさかの無視!
私が何を話しかけても無視!
ブスッとしてるよ!
私のことなんてチラッとも見ないよ!
幼稚園着いてからは手をつないで歩いてくれるものの、一歩一歩が牛歩だよ!
遅い!遅いよ!
後から来たお友達どんどん追い抜いてるよ!
そして先生に引き渡して行ってらっしゃいしても、目も合わせないよ!
私の存在消されてるよ!
なによ!
徹底しすぎよ!
ってな感じで、初めて息子に反撃をくらってしまいました(笑)
お揃いがいいー!と泣かれるのは親としてはほんとに可愛くて可愛くてありがたいことなんだけど、こればっかりはどうにも…というジレンマ。
スニーカー履いて、パンプス持って、幼稚園の後から履き替えれば、ってのも考えたけど、「これから毎日それを求められたら…」と考えると「無理」ということを教えた方がいいのかな、と。
難しいねー!!
でも嬉しかったなぁ!!
これまでは息子の言い分(ただのワガママ)を聞き入れてもらえず泣いても、ギューっと抱きしめながら言い聞かせると「はい…わかった…(えぐえぐ」って素直に聞き入れる子だったんですよね。
だから今回みたいに「ふてくされる」というか「へそを曲げる」というのを初めて見た!!!
いやー、正直ちょっとめんどくさいけど、さすがに今は新鮮さの方が勝って「おーなんか成長してるのかも」と思ってしまった。
それにしてもスニーカー問題。
明日はスムーズに家を出発できますよに…(切実)