生後7ヶ月 兄そっくりなBFの拒否っぷり。

息子もそうでしたが、娘もBF拒否な様子…。
離乳食で「温めるだけ」とか「お湯で戻すだけ」みたいな市販のベビーフード、たくさんありますよね。
毎日毎食BFを使用するのは気が引けるけど、忙しいときとか疲れてるときとか手軽に食材増やしたいときとか、できることならBFに頼りたいときもたまにあるんです。
だけど食べないのよ!
息子もそうだったなー。
私の手作りは食べるんだけど、BFはほんと1〜2口でプイッと口を閉じられてしまう。
そして娘も同じ。
この話をするとたいてい、
「ママの手作りが美味しいのねー!」
とお褒めの言葉をいただきますが、逃げ道を塞がれた私としてはただのプレッシャーでしかないわけでして。
いや、手作りが嫌ってわけではないんだけどね。
息子のときBF拒否でひたすら作ったので作ること自体は構わないんだけど、たまにBF売り場とか見ると「私が作るのより凝ったのがたくさんあるなー」と思うわけです。
そう、私が作るとレシピがしょぼいというか華やかさが足りないというか(笑)
市販のってなんかおしゃれそうな凝ったメニューのがたくさんありますもんね!
あれは真似できないなー…。
でも。
子どもたちがBF拒否するのもわからなくもないというか。
低月齢のBFってあまり美味しくないんですよね…。
フリーズドライのも出来合いのも。
食いつきが悪いので私も食べて見るとたいてい美味しくない。
味が薄いとかじゃなく、美味しくない。
低月齢のうちは私も味付けは出汁くらいしか使わないし、それもわずかなのでほとんど素材の味しかしないものばかりだけど息子も娘もそれはバクバク食べてくれるんですよね。
そして3歳児になった息子は特に好き嫌いもなく、人参やほうれん草や魚とか子どもが嫌いそうなものも大好きでほんと何でも食べます。
なのでまぁ、BFを食べさせないといけない!ってわけでもないし、そもそも拒否られてるので、めんどくさいけどお出掛け時でもない限りはまた全部手作りで頑張ろうかなーと…。
兄妹揃ってBF拒否とはねー。
たまにはBFで楽をしたい、という私の野望は打ち砕かれたのでした…。
ふむー。