生後6ヶ月 エルゴを持つと泣き止むパブロフ。

後追いが始まり、ちょっと離れただけでもギャンギャン泣かれてしまう今日この頃。
私が同じ部屋にいればなんとか凌げることが多いんですけどね、やはりトイレとかキッチン(どちらもすぐそば)に行って姿が見えなくなるともう大変。
この世の終わりみたいな絶叫が…。
それがですね。
「はいはいわかったよー」とか「ママいるよー平気よー」とか言っても全然効果ないのに、エルゴを手に取るとピタッと泣き止むんです。
腰にベルトを巻いてカチッと閉めた音がすると「おおお!(๑′ᴗ‵๑)」とニッコリ笑うことも。
すごいねー。
もうエルゴを見ただけで、エルゴが何をするもので、これから自分に何が起きるかわかってるんだねーー!
と、感心している親バカなのです。

コメント

  1. mura より:

    こんにちは
    お邪魔してます♪
    もう後追いの時期なんですね・・
    今ボバラップ使ってますが二人目の時ずっと
    エルゴだったので車移動などで乗せ降ろしが多い時は私もエルゴです・・
    後追いは・・トイレにゆっくり入れない・・
    よくわかります・・
    トイレの扉閉めた記憶ないですもの・・
    旦那はそれでも鍵閉めて入口で泣かせてましたけど笑
    エルゴは装着時カチって音しますもんね・・
    娘ちゃんも学習したんですね・・
    泣き続けたらあれで抱っこしてもらえるって・・
    でもその嘘泣きにも見える表情すら想像すると可愛い❤

  2. サニー より:

    muraさん
    こんにちわ!
    そうなんです、私はトイレのドア全開なのに旦那は閉めるんですよねー(笑)
    息子と一緒にトイレ入るのすら嫌がります、こっちはもう散々泣かれてきたので一緒に入るのも慣れっこですが…
    今まで本能のままに喜怒哀楽を表現していた赤ちゃんが、いま目の前で起きてないことを予測するようになったかと思うとすごいなーと!
    嬉しい反面、こうやって赤ちゃん要素が少しずつ薄れて行くのね…と(笑)