子供が寝たら脳内反省会。

いろいろ苦労しつつ、試行錯誤しつつ、失敗しつつ、2歳児と0歳児の寝かしつけを平日は1人で頑張っております。
週末は夫の助けがあるけど平日はね…。

ここんとこ毎日のように、なぜか「寝付き」がシンクロする子供たち。
なんでかなー?ほんと同じタイミングでウトウトし始めるんですよねー。
これがわりと苦労する原因でもあるんだけどそれにも慣れてきました。
慣れたといっても寝かしつけの腕が上がったのではなく「またか…」っていう意味ですけど。

で、寝かしつけの話は置いといて。

寝かしつけの時って子どもたちが寝てもすぐにはその場を去りませんよね?
熟睡するまでというか、深い深い睡眠に入るまではそばにいて様子を見てるわけです。
なのでそのまま私も寝落ちしちゃうこともしばしば。

だけどその、子どもたちが寝静まった部屋で子供たちの寝顔を見ながら静かにぼーっとしてるとその日にあったことを色々思いだすんですよね。
そこで私の脳内で反省会が繰り広げられるんです。

たとえば、赤ちゃん返りとイヤイヤ期が同時にやってきた息子。
おもちゃを投げたり、私がお願いしたことをわかった上でわざと逆のことをしたり、そして私に叱られると癇癪起こしてギャン泣きしたり。
他にも色々ありますけど、まー手を焼くことが増えてきました。
娘が産まれたのと、自我が芽生えてきたので彼なりに感情のコントロールが難しいんだろうなー。

それに対して私がどう接したか、その私に対して息子がどう反応したか。
その日に息子としたやりとりが頭の中で再生されるんですよね。
すると「あーあの時もっと優しく言ってあげればよかった」とか「あの時息子はこうしてほしかったのかな?」とか「あの時はどこまで手伝ってどこまで自分でやらせればよかったのかな」とかもう色々頭を駆け巡るんです。

まさに脳内反省会。

昼間は娘の世話をしながらとか他の用事をしてたり急いでたりとかで、私もよく考えずその場の勢いで判断してしまうので感情的になったり、私が楽な方に誘導してしまったり、ともう突っ込みどころ満載なわけで。
そのダメだったことばかり「脳内反省会」で思いだされるわけです。

でもなかなか理想通りにいかないよねー!
私もテンパってるとついつい感情的に叱ってしまうことが多いので、「一呼吸置いて優しく言い聞かせる」ということの難しさと戦っております…。

とはいえここ数週間は寝かしつけが終わると毎日のように脳内反省会が勝手に始まります。
反省が生かされてるかは怪しいところだけど(笑)

息子1人の時より子供の数は1人増えただけだけど、悩みの数は10倍くらい増えた気分。
「子どもを産む」ことと「親になる」ことは同義ではないんだなぁとしみじみ感じる今日この頃。

難しいねー。

スポンサーリンク
レクタングル大