「いらっしゃっせー!」と「シュシュポポ」

幼稚園に通い始めてからのわずか1〜2ヶ月で如実に言葉が増えた息子が最近のブームというかよく口にするのが「いらっしゃっせー!」と「シュシュポポ!」なんです。
「いらっしゃっせー!」は「いらっしゃいませー!」の息子版。
アンパンマンレジスターが好きでよくいろんなものをピッピッしては楽しそうに遊ぶんですが、あれアンパンマンがおしゃべりするんですよね。
その中で「いらっしゃいませ!」というのが息子にはツボだったみたいでことあるごとに満面の笑みで「いらっしゃっせー!」と挨拶してくれます(笑)
特にお店に入ると店員さんの「いらっしゃいませ!」に反応しちゃって息子も「いらっしゃっせー!」返しが始まるってしまいちょっぴりお恥ずかしい…。
今日もコンビニ行ったら見事に「いらっしゃいませスイッチ」がオンになってしまい、お会計中に店員さんがピッとするたび店員さんに向かって「いらっしゃっせー!」を元気よくひたすら連呼!
コンビニ内が爆笑に包まれました…。
あと「シュシュポポ!」はSLのことですね。
世の男児の例に漏れずうちの息子も電車が大好きでプラレールはもちろん本やDVDやら溢れかえってまして…。
その中でもやはりSLは特別なようです。
「シュシュポポー!」と言いながら腕を回して走り出しちゃう感じが物凄く可愛い!(親バカ)
あとはSLが蒸気を吹き出すときの音が息子には「フォッフォー!」と聞こえるらしくこれもことあるごとに「フォッフォー!」と言いながら本人が走り出しそうな勢い(笑)
本物の電車を見たときだけでなく、映像や本で見ただけでも「フォッフォー!」祭が始まりますからね…
これ、うちの子だけかと思いきや今日の夕方のニュースでSL特集やってるのを見ていたらSLに乗ったうちの子と同じくらいの男児が「フォッフォー!」と言っていてそのお母さんが「本人がSLになっちゃうんです^^;」みたいなコメントしてて「他の家でもそうなんだ!」と思わず笑ってしまいました。
子どもの言葉って面白いなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル大