新生児とエルゴ。

今日時点ではもう正確には新生児ではないんですけど「新生児のころからエルゴを使ってるよ」というお話。

おんぶひもっていろんなブランドからいろんな形が販売されてますけど、我が家は息子の時に使用したエルゴがとても使いやすい&疲れにくい、と夫婦そろって大活躍させたので今回もエルゴ使用することにしました。
とはいえ、息子の時に使用していたエルゴは息子が噛み噛みして肩ひものところがボロくなったので娘には新しいものを新調。
ただし、首が座る前の赤ちゃんを抱っこする際に必要な「インファントインサート」は息子の時に買ったものがまだまだ綺麗だったのでそれを再利用。

息子の時は「初めてのエルゴ」にそれはそれは苦労しました…。
肩ひもの長さとか腰ベルトの位置とか、もうあれやこれや試行錯誤しても「あれ?これでいいの?ほんと?なんか変じゃない?」みたいな感じでなかなかしっくりこなくて夫も私も「?」ってなってたものいい思い出。

特にインファントインサート使用でのエルゴがなかなか難しくてねぇ。
何せ首が座ってないわけですから、ベルトの長さや赤ちゃんの位置がちょっとでも悪いと首が不安定になってカックンカックンさせてしまうんですよね。
首が座ってからは一気に装着も楽になるんですけど、新生児期のエルゴ装着は慣れるまで苦労しました。
それでもちゃんと装着できれば本当に楽ちんだったのでエルゴは手放せなかったわけですが。

だけど今回は最初から「お、この感じこの感じ!」とさっくり装着できたよー。
インファントインサートも「たしかこんなだっけ?」と記憶をたどりながらの装着だったけど1回でしっくりきたー!

いやぁ、経験ってすごいんだなと実感。
息子のときコツ掴むまであんなに苦労したのになぁ。

なので生後3週間くらい?あたりから練習兼ねてちょいちょいエルゴ使用してました。
なによりエルゴ使うと娘を抱っこしたまま両手使えるので、何か家事したいときとか抱っこで腕が疲れた時にすごい便利。
これで1ヶ月検診もエルゴ使って行けるぞー!

あとは夫がエルゴのコツを覚えてるかどうかだなぁ。