39w0d 転院したら気持ちが軽くなった。

昨日、これまで通ってきた産院で転院宣告を受けたときは落ち込んだというか「予定日1週間前なのにどんなお産になっちゃうんだろう…」と環境の変化に心がついて行けず不安に襲われた私ですが、それから色々調べたり考えたりしているうちに夜寝るころにはだいぶ気持ちも落ち着いてました。

たしかに息子の時は「自然分娩で産みたい!」と強く思ってたけど、今回もそうかと言うと「自然分娩は経験できたし、3人目はたぶんないからあえて帝王切開を経験するのもありかもなぁ」なんてお気楽なことを考えてました。
でもってベッドの中で帝王切開の流れとか医療費とかのこと調べまくってるうちに、転院と言われた時のショックはどこへ行ったんだ?ってくらい立ち直ってました(笑)

そして今日、いざ紹介状をもってこの辺で一番大きな公立の総合病院へ!
7~8年前にかかったきりなので病院のシステムをすっかり忘れており…。
とりあえず「紹介状専用受付」で書類書いたり説明受けたりして産婦人科外来へ。
ちょっと待ったけど総合病院にしては早い方かなー?いつもの産院とそんな変わらないかなー?って待ち時間でとりあえず中待合に呼ばれました。

中待合にいたのは産科:婦人科=5:5って感じだったかな?
当然ながら中待合と診察室の間にはドアがあるので中の会話など全く聞こえません(二人目待ちで通ってた産院は中待合に会話ダダ漏れだった…)

待ってる間に入院案内だとか入院費用だとかNICUだとかの資料を片っ端から読んで予習してましたが、なかなか良さそうな感じで一安心。
息子の時のようにフリースタイルはできないけど陣痛室は綺麗そうだし、分娩~産後の赤ちゃんのモニタリングも小児科連携でバッチリそうだし、母子同室だし、セキュリティ万全だし、と逆にこれまでの産院(個人)ではできないこともたくさん書いてあって目からうろこ。

「なるほどねー、大きい病院で産みたい人の気持ちがわかるなー」
とすごい納得しました。
これまで総合病院のデメリットばかり気にしてたけど、こうやって見ると個人産院のデメリットも気がつくもんだなぁと。

そんなこんなで呼ばれたのが若くてかわいらしい女医さん。
すごく腰が低くて親切ですごく親身に聞いてくれました。
問診→経腹エコー→経膣エコー→内診→NST(30分)→再問診って流れで結構時間かかりましたが今日の流れをまとめると、

●赤ちゃん&羊水に問題はなし(元気いっぱい)
●今日時点での予測体重は4,000gちょい
→「私は大きく測りがちだから昨日(3,700gちょい)との誤差は気にしないでね…」と。
●弱い張りは定期的に来てる
●子宮口は開いてきてるが頭がまだ遠い(降りてきてない)
●前回3,600gを経膣で産めてるので4,000g前後ならこのまま陣痛来ても産める可能性大
●4,500gを超えたら帝王切開濃厚
●とりあえず金曜(2/21)に再計測して分娩方法を別の先生とも協議して再検討
●金曜までに陣痛来たらとりあえず経膣で頑張ってみて無理なら帝王切開
●念のため明日(2/19)は内科を受診して妊娠糖尿病の相談?診察?

ってな感じになりました。
てっきり今日の時点で「誘発」「帝王切開」のどちらかを言い渡されると覚悟を決めて行ったのでまさかの「もう少し陣痛待ち」とのジャッジにびっくり。
「え?あ?そうなの?(笑)」と心の中で苦笑いでした(笑)

今までの産院だとNSTっていつも(息子の時も)5分くらいしかしなかったので30分もつけてもらって「へーすごーい」とかのんきに感動したりしてました。
でもそのおかげで弱いながらも定期的な張りが来てることがわかったのでちょっと嬉しかったかも。
土曜から前駆?みたいなのを感じてましたがやっぱり気のせいじゃなかったんだなーと。

今日の先生はやはり若いせいか「他の先生とも相談して一番な方法を選びましょうね」って感じだったので、金曜の診察は偉い先生の予約になってました。
一応今日の時点でもNSTの間とかでその先生に相談してくれたらしく、その結果で「金曜まで待とう」になったそうなんですけどね。
金曜の時点ではその先生に直接診てもらうことで最終判断してもらおうって感じみたいです。

ちなみにNSTしている間に助産師さんが「入院手続き」「各種申請の仕方」「陣痛や異常があった時の連絡方法」「入院セット」「入院生活について」などなどいろんな資料をもとに説明してくれたのでだいぶ理解できました。
正直この病院は地元最大の公立病院だけあって、ここに生まれ育った&無駄に体が弱い私としては過去に3回ほど入院経験がありますのでね…。
とはいっても産婦人科って特殊なのでいろいろ聞けて良かったです。

産後のフォローも設備万端&各診療科の専門スタッフ付きなのでドーンと構えてあとは無事に赤ちゃんとご対面できる人待つのみ!!
って考えたら、なんだかものすごーーく精神的に楽になったんですよねー。

実は先週の検診で「来週までに産まれなかったら転院」って宣告されてからの1周間がわりと精神的に辛かったです。
運動も食事も生活もできるかぎりのことをしなきゃ!と追い詰められてるのが苦しかったし、なによりせっかくの「出産」を全く楽しみに思える余裕がなくて「早く…早く出てきてお願い!!」と辛かったです。

だけどいざこうやって総合病院で体勢万端な設備で、一番心配していたスタッフの対応もすごくよかったとわかった今は残り数日の妊婦生活がすごく楽しくなってきました。
「もう妊婦生活終わりにしたい」ってずっと思ってたけど今日はすごく気持ちが楽です、もうちょっと妊婦でいたいなーと思う。
なので転院して初めて肩の荷が下りたというか、ちょっと心に余裕ができたようです。

予定日まであと1週間!
どんな1週間になるのかな?

ちなみに今日の体調としては、
●腰痛
お尻全体から腰回りが重く鈍く痛い
●恥骨痛
起きたり立ったり歩いたりするとググッと押されて強めの痛み
●子宮口痛
不規則ながらわりと頻繁&強めの痛み
●胎動
とても元気&しゃっくりを感じる位置がお尻の上か恥骨の上

「今日は腰が痛かったなー」って印象です。

さて振り返り。
【よにんかぞく。】一人目妊娠時の39w0d日記

この日も検診だったかー。
というかこの時点で3,000gちょっとって言われてるんだ(笑)
やっぱり今回は大きいなと苦笑い…。

コメント

  1. みぃママ より:

    こんにちは☆
    お腹の赤ちゃんが大きい!という内容についコメントしてしまいました(笑)
    なぜかというと、私は一人目で4,358gの娘を普通分娩で産んだからです(*^^*)
    私は40週2日での出産、予定日の検診では3,900gでした。
    大体みんな大きめに計測するから、3,600gぐらい?じゃあ大丈夫か!と余裕でいたら、みんなビックリの超bigbabyでした!!
    胎児が大きいとリスクが上がるなんて私は知らずに出産だったので、充実してる総合病院に転院されたのは羨ましいです!
    結果何事もなかったですが、なにか起こってたかもしれませんもんね…。
    赤ちゃんに会えるまで不安は消えないと思いますが、出産頑張ってください!
    大きい赤ちゃんだとそれだけで話題の人になれますよ(^w^)(笑)

  2. サニー より:

    みぃママさん
    コメントありがとうございます♪
    とてもとてもタイムリーな先輩(4,000overママさん)にコメントいただけてものすっごく心強くなりました!
    個人院では「産めると思うんだけど…なるべく早く…」という微妙な空気だったのに対し、総合病院の先生たちは「4,000前後なら下からGO!」って余裕な空気だったのでいい意味で肩すかしというか(笑)
    たぶん、当初の個人院はフリースタイルで「分娩台がない」がウリの病院だったので巨大児になると先生1人では対応が難しくなるようです。
    おかげさまで今は大船に乗った気分で「ばっちこーい」と構えて、今さらながら解放的に妊婦生活を楽しめる余裕ができました!!
    私も話題の人になれるかな、と楽しみにしてます(笑)