【6周期目】排卵検査薬とタイミングまとめ。【画像】

いつもリセットするたびに前周期のまとめを書いてきました。
化学流産という結果にはなってしまいましたが、とりあえず検査薬が陽性となり着床しかけるところ(少なくとも受精)まではいけたということなので今回は排卵検査薬の結果とタイミングをメインに記録しておきます。

ちょっと前のLHサージに関する日記から抜粋すると、
・LHサージ(ピーク)予定日だったD18(2/13)までほぼ真っ白
・D19(2/14)の午後から徐々に濃くなり始める
・D21(2/16)に日付が変わってすぐから陽性(終了線と同じ濃さ)
・D21(2/16)は1日中その濃さを保つ
・D22(2/17)に日付が変わる頃がその濃さの最後
・D22(2/17)の朝からは徐々に薄くなり始める

IMG_1933

使用したのはアメリカ製の排卵検査薬(A-check)です。
これも時間がたつとだんだん薄くなってきました…。
まとめて保存しておいたんですけど(←めんどくさがり)、これも当日中に写真に収めておかないとだめですねー。
(でもたぶんしないと思う…)

これまでの周期と今周期で大きく違ったことがあります。
それは「LHサージがすごくわかりやすかった」ということ。
無排卵だった1周期目とhcg注射をした4周期目は排卵検査薬を使用しなかったので、今回が4回目の使用なんですけどこれまでは「もっと薄い」「だらだら陽性が続く」とかいまいちピークが読みにくかったです。
それに比べて今回はわりと綺麗にピークを迎えたなーとは思ってました。

そして大事なタイミングですが。
2/9,2/11,2/13,2/14,2/15,2/16,2/17でとりました。
これまでピークでも薄いことがあったので、2/14,2/15あたりでてっきり「もうピークが近いに違いない!」と早とちりしてしまったんですよねぇ。
そしたら「あれ?まだ濃くなる?」「え?まだ濃くなるの?」とさらに濃くなり続けたのでタイミングもとらないわけにもいかず。
私の読みが甘かったばかりに夫には悪いことしました…。

おそらく、ですがいろいろ加味すると排卵日は2/18あたりだったようです。

やっぱりLHサージが綺麗に(わかりやすく)出るときはいろいろ状態がいい周期なんだなーと実感。
でも結果的に化学流産となってしまったので受精卵の状態は良くなかったってことなんでしょうが…。
素人判断で予想すると、これまでの周期に比べ排卵まで日数がかかってしまったので卵の質が良くなかったのかな?なんては思ってみたんですが通院してない周期の結果論なのでなんともですね。

化学流産後の排卵、うまく順調にしてくれるといいんですが…。