【6周期目】D12 子連れ通院の大変さ。

去年の夏に二人目解禁してから排卵タイミングを見てもらうために毎周期通院してきましたが、今周期は通院そのものをお休みしてます。
なので薬を飲み忘れないようにスケジューラーに振り回されることもなく、週3の卵胞チェック通院×2週もなく、なにより基礎体温も絶賛ほったらかし中!

通院してわかったのは、子連れ通院の大変さ。
私は昼までの半日だけお仕事してるので午後通院しかできないんですけど、平日は息子を預ける人もいないので子連れで通院してました。
(不妊専門ではなくキッズスペースのある普通の産婦人科)

通院し始めたころはまだ1歳になったばかりでしたが今はもう1歳半。
すくすく成長してくれてるのは非常に喜ばしいんですけど、ただでさえ身長体重ともに成長曲線超えの巨大児なので言うこと聞かせるのも大変。
そもそも言うことなんて聞かないし(笑)

待ち時間ずっとエルゴってわけにもいかないサイズなのでキッズスペースで遊ばせてますけど、それでも長い長い待ち時間を耐えられるわけもなく途中からは大きな声出したりキッズスペースから出たがってぐずったり、おもちゃをキッズスペースから放り投げたり。
さすがに他の患者さんに迷惑なレベルに達したらキッズスペースから出すものの、待合で放牧するわけにもいかないので入口付近の待合から遠い場所に避難して14キロ近い暴れん坊を抱っこしてなくてはならず…。
暴れる男児を抱っこし続けるのってもうなんていうかしんどい、申し訳なくて気も使うし。

次に中待合。
診察が近くなると待合→中待合に移動するわけですが、ここは診察室が近いので待合よりさらに静か。
しかも広くないので待合以上におとなしくじっとしていてほしい場所。
いやーそんなの理解できるわけないない!
ここでも同じく暴れる息子を抱っこで無理やり封じるわけで。

そして診察。
卵胞チェックは当然内診台でするわけで看護師さんが、
「お子さん抱っこしてお預かりしましょうか?」
と申し出てくれたこともあったけどその1回でものすごいギャン泣きでとてもとても申し訳なかったのでそれ以降息子をお腹に抱いて内診台に乗ってます。
とはいえエコー中でも容赦なくお腹の上で動こうとするので、先生の邪魔にならないようなんとかなだめたり押さえつけたり。
内診台に乗せられてるあの格好でそれをやるのもなかなかしんどい。

他にもお会計だったり採尿だったり、息子が歩けるようになってからはちょっとでも目を離すと
「無限の彼方へさあ行こう!」
とバズ並みに飛び立ってしまうのでほんと目が離せません。

いや、特にうちの息子がヒャッハーしすぎなだけもあると思うんですけどね…。

そんな通院をお休みしてみた今周期。
あーなんてラクチンなのー!!!!
基礎体温も放棄してるのでほんと毎日が楽!

とはいえタイミングを取らないわけではなく自己タイミングにするだけなので、排卵検査薬は昨日から始めました。
一応これまでのデータから予想すると今周期の排卵日は来週の今頃のはず。
なのでまだ早いと思いつつ昨日排卵検査薬試したら案の定まだ真っ白。
今週末くらいまでは1日1回の検査で充分かなー?って感じです。
来週になったら1日2回にしてみよう。

そして基礎体温。
今のとこ完全放棄してるけどこれも来週に入ったら再開しようと思います。
ここ5周期分のデータから体温見れば低温期か高温期かだいたいわかるので、「低温期→排卵→高温期突入」の部分だけ基礎体温で確認できればいいかな?って感じでゆるーくやってみようかなと。
LHサージ周辺だけ基礎体温データあれば排卵確認の代わりになると思い。

そもそも息子を妊娠した時も最初は真面目に基礎体温測っていたもののだんだんそれがストレスというか体温に一喜一憂して疲れてしまったので途中で排卵検査薬だけにして数周期目で妊娠したのでした。

力の抜き加減って難しいけど、とりあえずもう少し暖かくなるまではこのまま自己タイミングでやってみようかなー。

たかだか5周期、しかもタイミング指導&排卵誘発程度で通院つかれちゃうとか根性なしなのがバレバレですが…。
また春になって通院再開する気になったら転院しよっと!

スポンサーリンク
レクタングル大