【2周期目】まとめ。

2周期目:9/16-10/18(33日)

恐る恐る通い始めた最初の周期でいきなり無排卵。
「どうなることやら!」と思いつつ、「やっぱり通院してみてよかった」と思いつつ、「年内に自力排卵できるようになるといいなー」と思いながらの2周期目スタートです。

お薬の力はすごいもので、プラノバール服用でしっかり生理が来ました。
1周期目最後の診察(プラノバール処方時)に、
「生理開始から14日あたりでまた来てください」
とのことだったのでそのあたりに通院。

ちなみに産後半年で生理再開して最初のころはすごく周期も長く不安定だったけど、このころはだいたい35日前後周期で安定してました。
14日目あたりを指定したのは35日周期前提での予測でした。

そんなわけで通院再開。
卵胞チェックのために週3で通院を2週間、地味にしんどいペース。

この周期も育ちがだいぶゆっくりなものの、
「なんとか自力で排卵しそうだね」
ということで育ち具合をみながら先生の指示通りにタイミング。
ちなみに私も自宅で排卵検査薬を併用。

「排卵しそう!」のあとに「排卵してるね」の卵胞チェックをしてもらいひたすら長い2週間を待つ。この時はじめてデュファストン処方(1日3回) 以降、この病院では排卵確認後に毎回デュファストン処方でした。

そしてリセット。

生理開始日から逆算するとタイミングは合ってたようですけどこればっかりはね…。
でも前回の無排卵とは違ってトライできたので前進した気がしました。

スポンサーリンク
レクタングル大