スルリスルリ。

もうなんでもかんでもよじ登るようになった息子。
リビングのローテーブルとソファーがまたちょうどいいみたいで困っております。
ソファーはまるでパンパのCMを見ているような感じ(笑)
サークルあるけど1日中入れてるわけでもなく、むしろどうしても手が離せないとかで利用してるのでだいたいはリビングで好きに放牧してるんです。
ソファーなんてもう、
「うんしょ!っと」
てな感じでヒョイヒョイ。
そして大人と同じように背もたれに体を預けてまるでバブリーな成金社長みたいに両腕を投げ出して、
「ふうーーっ」
と大きなため息。
ここまではもう日常茶飯事で、見慣れた光景なんですけどやっぱり危ないからすかさず私が抱いて下ろしてたわけです。
それが。
ここ数日はソファーに軽く登ってフーっと生意気なため息つくとすかさず、
「足からスルリスルリと降りていく」
のです。
もちろん背もたれに寄りかかったら足なんて床につくわけないです。
むしろソファーからほんのちょっとだけ出るだけみたいな。
だからソファーの上でうつぶせに寝転がるんですよね。
そのまま体を回転させて足を背もたれと反対側に向けるんです。
そしてその足が浮いた状態で両腕ついて後退りする。
で、徐々に足からゆっくり着地。
なんだこれー(笑)
なんか頭使ってるよ!
テーブルでも同様で、テーブルに乗ったと思ったらうつぶせに寝転んで回転して足からスルリスルリと着地。
ちょっと前までは、
「よじ登るのって楽しいっ!」
だったのが、
「一人で降りられるオレすげー!」
とどや顔で張り切ってる感じです。
こうやって教えてないことでも経験で試行錯誤するようになったんですねー。
微笑ましい!
が、危なっかしい…。
◆うんち記録◆
夜1回。
また少し脱ユルユルしてきた感じ。

スポンサーリンク
レクタングル大