一周忌法要。

今日は去年亡くなった祖父の一周忌法要たでした。
暑すぎず寒すぎず、喪服を着ていても苦にならない陽気で助かりました。
お寺での法要中、私と息子は最後尾で立ってました。
本家なので本当は最前列なんだけど、とてもじゃないけど息子がじっとしているわけもなく。
騒ぎそうになったら外に出て気分転換させたりあやしたり。
お焼香のときだけ中に戻ってあとは外でした。
お清めの席ではマキシコシに座らせてなんとかやり過ごしていたけど、さすがに数時間も座らせておくわけにいかないので途中からはイタズラしない程度に放牧させました。
というのも、私が一番仲のいい従姉妹が娘ちゃんを連れてきており幼児同士楽しそうにしていたので。
2歳2ヶ月って言ってたなー、早いなー。
去年祖父が亡くなったとき、息子はまだ生後3週間に満たないくらいだったので通夜やら葬儀やら私の体も息子のお世話もすごーく大変だったのを覚えてます。
その頃その娘ちゃんは1歳3ヶ月くらいでよちよち歩き始めたばかりでした。
たった1年だけど、この時期の赤ちゃんにとって1年はすごく大きいですね。
従姉妹も私もお互いの子を、
「大きくなったねぇーー!」
と驚くばかりでした。
ちなみにその娘ちゃんは1歳3ヶ月ころに歩き出したとか。
うちの息子もそのくらいには今のヨチヨチを卒業してスタスタ歩くかなー。
従姉妹と娘ちゃんが手を繋いで歩いてるのを見た夫が、
「いーなー、俺も早くアレやりたいなー」
とすごーく羨ましそうに見てました(笑)
確かになんともいえない可愛い姿だった。
その娘ちゃんを見るたび、
「うちの息子も来年はこうなるのかな」
とついつい想像してしまいます。
そして当の幼児2人は何か通じるものがあるのか、いきなり仲良しになってニコニコ一緒に遊んでました。
おもむろに息子がハグされてる姿はめちゃくちゃ和んだー!
でも幼児2人となるとシャッターチャンスを捉えるのは非常に難しい…。
1人でも難しいのになおさら。
何度も写真に納めたい瞬間があったけど失敗に終わりました。
残念。
泣かれたらどうしよう、とかいろいろ心配だったけどなんとかなって一安心。
子どもはもちろん、親もこうやって経験値をあげていくのかなあと思いました。
◆うんち記録◆
ユルユルといつもの中間みたいなのを3コロリ。