ストロー飲みの練習。

少し前に買ったテテオのストローマグとコップマグ。
コップマグに関しては今も大活躍なんですが相変わらずストローは与えても、
「え?これなに?新しいおもちゃ?」
てな感じ蓋に噛みついたりする始末。
ストローを口にあてても、
「味しないしおいしくないし?」
てな感じでペッとされてしまう日々でした。
かたやコップマグは飲み物が出てくると認識してるみたいで顔に近づけるだけでまるでヒナみたく口を開けて上を向き、自分からマグに口をつけてきます。
で、私が少し傾けると出てくる白湯をゴクゴク飲むのでコップマグは大活躍。
でもまだ自分で傾けて適量を出せないから私が右手で傾けて、左手はこぼしてもいいようスタイを持つ感じ。
これだと出先とか車内とかあまりこぼしたくないとか手が塞がってるときはちと不便なんですよねー。
やっぱりストロー飲みを覚えてもらおう!と3日間練習してみました。
練習せずとも上手に飲める子はほんとすごいなー!
いかんせん私の自己流なんで用意したのは曲がるストローのみ。
というか、出産の時に用意したのがたくさん余ってたのでそれを使用。
練習するのは離乳食のときだけでした。
離乳食のときは白湯を飲みたがるので積極的に飲んでくれたので。
ちなみにコップにしろスプーンにしろすすり飲みはできてる状態です。
自分の飲みたい量だけすすって口を閉じてでゴックンできるというか。
●1日目
「ストローをくわえると白湯が出るよ編」
3cd0874a.jpg
あらかじめ私が白湯を少し吸い上げて指で蓋をする。
私の手を息子の口より高い位置にスタンバイ。
息子がくわえたら人差し指で調整しながらゆっくり放出。
息子が飲んだのを確認したら口から出す。
まだ欲しがるようなら上記を繰り返し。
自分からストローをくわえてくれるようになれば成功。
●2日目
「ストローは吸うとたくさん出るよ編」
7f2b5928.jpg
同じく白湯を吸い上げて指で蓋をしてスタンバイ。
今度は息子の口と同じ高さにして人差し指の蓋を少しずらして吸いやすくします。
ここで曲げておくとこぼれにくいっていうね。
全然吸わなければ少しだけ手の位置をあげてほんの少しだけ出るようにします。
そこで少しでも吸ったらすかさず水平の高さに戻してたくさん吸ってもらう。
水平なら吸う力が弱くても白湯が流れるし、吸ったタイミングで少しかたむけるだけでも「吸えば出る」を覚えました。
●3日目
「強く吸わないと出ないよ編」
74ce339e.jpg
同じく白湯を吸い上げてスタンバイ。
最後は息子の口より私の手を低くして持ちます。
ここでもやはり曲げておけばこぼれにくい、もちろん人差し指で調整は必要。
ストローを口に入れて吸ったのを確認してから人差し指をずらすといいかも。
吸う前にずらしてしまうと白湯がさがってしまうので。
でも慣れるとさがっても吸い上げます。
今度は白湯が下に落ちようとするのを吸い上げるので吸う力の強化が目的。
うまくいかなければ角度をうまく微調整。
なるべく「飲める高さ」にして「飲めない!しんどい!ストロー嫌い!」にならないように。
段々角度をつけて強化。
そして今日試しにコップにストローを直挿ししたのを口に入れたら吸ったー!
やったー、成功したぞー!
でもって早速テテオのストローマグに白湯を入れて口に入れたらこっちも飲んだー!
しかも自分の両手でしっかり持って一人でゴクゴク飲んだー!
練習したかいがあってよかったー。
今夜は仕事の私を置いて夫は幼なじみと一緒にpunkspringに行ってて不在なので(むかつくから)実家の家族と今夜はまわらないお寿司を食べにいってきました。
そこにもストローマグを持参したんだけどここでも両手でしっかり持って一人でゴクゴク飲んでたよー。
つい数日まで全然吸わなかったし何故かストローマグを渡すと邪魔そうにしてたくせに(笑)
やっぱ練習してみるもんですねー。
てかもう少し早く練習してみればよかったなあ。
とにもかくにも、うちも遅ればせながらついに一人でストロー飲みができるようになりました。
これで外出先でも楽チンー!
◆うんち記録◆
午前1回。