離乳食の本を買ってみた。

市の離乳食講習に行った日にアマゾンで離乳食本を注文してみました。
買う時に注意?したのは、
「発売日が新しい本」
であること。
離乳食講習のときに管理栄養士さんが、
「2007年に離乳食に関する国の指針が大きく改定されたのであまり古い本はオススメしません」
と言ってたので。
なるほどねー。
レシピはもちろん改定されてからどんどんいろんなことが見直されてると思うので発売日が新しいものから選んでみました。
そしてできるだけ「百科」的な本が希望。
私は特別料理が得意なわけじゃないし何せ初めての子供だし、どの時期にどんなレシピ・どんな食べさせ方・気をつけること・調理の基本・とかとにかく広く!浅く!長く!使えるものと思いまして。
そして選んだのがこの3冊
b3bf1e65.jpg
右から順に、
「離乳食全百科(学研)」
「離乳食新百科(ベネッセ)」
「フリージング離乳食(ベネッセ)」
●離乳食全百科(学研)
料理も子育ても初心者の私が求めてたのはこれだよー!って感じでした。
育児本としての要素が充実してるのが助かる。
調理の基本やフリージングテクニックはもちろん、月齢別に細かく生活リズムや離乳食の食べさせ方や発育やQAとか読んでてとても参考になった。
離乳食寄りの育児本って感じかな。
●離乳食新百科(ベネッセ)
学研のよりもっと離乳食に特化した感じでレシピもこっちのが多め。
こっちは月齢ごとに「食べさせて良いものダメなもの」一覧が書いてあるのが便利。
同じ「百科」だけど学研とはあまり内容かぶらず。
とにかく月齢ごとにひたすらレシピとアレンジがたくさん載ってて「この時期はこれをフリージングすると便利」とか。
レシピが多いから離乳食の基本に慣れたら活躍間違いなし。
●フリージング離乳食(ベネッセ)
アマゾンでいろんな本を見てたら「この本を買っている人は…」で必ずこの本が出てきたので思わず買ってしまった。
名前のとおりフリージングに特化した本です。
月齢別のレシピを元に1食分がどれくらいか、フリージングする時の注意点、解凍時の注意点、アレンジとか載ってます。
「1週間分のこんなものをこんなふうにフリージング」って写真で解説してあるので私みたいなフリージング初心者にはわかりやすいかも。
どの本も5ヶ月から1歳半まで対応してます。
もうとにかく何もかも初心者の私としては学研とベネッセの百科2冊両方買ったのは正解だったかも。
学研の百科を読んで勉強してからベネッセの百科でレシピを覚える、的な。
どちらか1冊だけ買うなら断然学研かなー。
食べさせ方とか月齢毎の発育とか生活リズムとか、
「なんでその時期にそういう離乳食を与えるのか」
っていうのがわかるというか。
まぁでも仕事もあるしあまり力入れすぎず手作りとベビーフードをうまく両立しながらがんばってみよう!
◆うんち記録◆
10時ごろに大量にー!の1回。

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加