離乳食講習会。

今日は朝から市の離乳食講習会に行ってきました。
スケジュールはこんな感じ。
09:30-10:00 受付
10:00-10:40 講義
10:50-12:00 調理実習
12:00-12:30 試食
受付に早めに行ったら3ヶ月検診で一緒だったママさんと再会。
「久しぶりー!大きくなったねー!」
みたいな会話ではずむ。
受付後は40畳くらいの広い和室に通されて時間までママさんたちと雑談。
和室の半分は赤ちゃんを寝かせられるように畳の上に布が敷いてあって、残り半分は机がセットされてました。
講義は淡々と進みある程度予習してたのでほぼその通りの内容でした。
同じ部屋とはいえ、机で講義を受けている間はたくさんの保健婦さんたちが赤ちゃんを見ていてくれてたのでお母さんたちは講義に集中。
始まる前に、
「基本的に講義の間は保健婦が赤ちゃんを見てますがどうにも泣き止まなくてかわいそうな場合はお母さんにお願いすることもあります」
と言われていて、なんと「どうにもならない」第一号がうちの息子でした…。
他の赤ちゃんはみんなキョトンと寝かされたままだったのになー。
おっきい声で泣いてたけど私が抱いた途端に泣き止む息子。
なので講義はそのまま抱いて受けました。
母冥利に尽きるけどヒヤヒヤしたぞー。
でも講義の終盤にはウトウトし始めたのを保健婦さんが察して抱いてくれたらすぐ寝てしまった。
この頃にはうちの息子以外もぐずりはじめてたなー。
そしていざ実習。
寝てる赤ちゃんはそのまま和室で保健婦さんが見ててくれ、泣いてる赤ちゃんはママがおんぶして調理です。
離乳食初期の練習なので今はまだ食べさせられないものも作ってママが試食。
あと同じ食材で下ごしらえして途中から離乳食と大人食に分ける調理とか。
青葉がゆ、おもゆ、野菜スープ、野菜ポタージュ、白身魚のトロトロ煮なんかを作りました。
ついでに大人食としておにぎり、お味噌汁、ほうれん草と海苔の和え物。
この間はさすがに赤ちゃんも続々泣き出し次から次へ、
「○○さーん!赤ちゃんお願いします!」
と保健婦さんたちが泣きわめく赤ちゃんを連れてお母さんに渡してました(笑)
うちの息子も最後の最後、盛りつけしてるあたりで呼ばれギャン泣きしてたのでおんぶで対応、これまたすぐ泣き止んだ。
そしてごはんを調理室から和室に運んでまんなで、
「いただきまーす」
うちは始めての離乳食なのでおもゆと野菜スープを1さじだけあげてみました。
ぺろり
ぺろり
ごっくん
あれなんかすごい簡単に食べた。
大人の食事をすごい勢いで食いついて見てたからそんな予感はしてたけど(笑)
ちなみにまだあげてないけど6ヶ月からでいいか聞いたら、
「全然大丈夫ですよ」
と言われたし、今日来てたママさんたちも9割ぐらいが6ヶ月から始める予定って言ってたのでうちもまだ来月からでいいやー。
最後に次回(7ヶ月以降対象)の離乳食講習会の予約をして解散!
なかなか楽しかったなー。
離乳食の本、なにか一冊欲しいな。
◆うんち記録◆
でなかった!

ブログ村

情報収集はいつもブログから!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加